ザ・ビートルズ楽曲データベース

Baby, You're A Rich Man

邦題
ベイビー・ユーアー・ア・リッチ・マン
作者
Lennon/McCartney(二人の共作)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ポール、ジョージ
使用楽器
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Epiphone Casino(George)
  • Piano (John,Paul)
  • Ludwig (Ringo)
  • Clavioline (John)
  • Conga (John)
  • Maracas (Ringo)
  • Tambourine (Ringo)
  • Vibraphone (Eddie Kramer)
  • Backing Vocal (Mick Jagger)

Recording Data ~レコーディング・データ

15枚目のオリジナルシングル「愛こそはすべて」のカップリング曲として発売された曲である。
元々はアニメ映画「イエロー・サブマリン」の為に作られ、そして劇中でも使用されたにもかかわらず
サウンドトラック盤である11枚目のアルバム「イエロー・サブマリン」には収録されなかった。

1967年11月初旬。「マジカル・ミステリー・ツアー」が2枚組EPとして英国で発表される事が決まった。
しかし、アメリカでは複数の曲をEP盤の片側に詰め込む事が一般的ではなかったため
アルバムに未収録だったこの時期のシングルを収録した編集アルバムとして、LP盤「マジカル・ミステリー・ツアー」が企画され、本国でのEP発売の10日前にキャピトルから先行発売された。
1987年のCDリリースに際して、全世界で音源そしてカタログラインナップを統一する事になり、唯一アメリカ編集盤からこのLPが選ばれて統一カタログにラインナップ入りする事となった。
この楽曲は、CDでは「マジカル・ミステリー・ツアー」の10曲目に収録されている。

この時期のビートルズは、「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の発売前にもかかわらず、「マジカル・ミステリー・ツアー」の映画、そして楽曲の制作と録音。そして、アニメ映画「イエロー・サブマリン」のプロジェクトを同時進行で進めていた。
当初アニメ映画には否定的だったビートルズは、録音した曲の出来があまり良くないと
これはあのアニメにくれてやれw」というジョークを飛ばしていたらしい。
(しかし、その「出来が悪い」と言われてアニメに回された曲は2曲、そして両方ジョージの曲・・・・・)
アニメ映画を見たビートルズは、それが芸術的価値のあるものだと改めて認識して、
それ以降はきっちりと曲を作るようになった。

その「きっちりと」取り組むようになって最初に録音されたのがこの曲である。

録音されたのは1967年5月11日。
いつものアビイ・ロードスタジオではなくて、オリンピック・サウンド・スタジオで録音を行った。
ここはローリング・ストーンズなども使用するイギリスでもトップクラスのスタジオである。

この時期は、アビイ・ロードでのんべんだらりんと録音セッションをしていたビートルズにとって
他のスタジオの人間のせっかちさ(時間制限がある以上、当たり前なんだが・・・・)には面食らったようで
この曲は録音そしてミックスダウンまですべて1日で終了しており、本人達も「こんなに早く仕上げたのは初めて」とのコメントを残している。

第12テイクまで録音して、リダクションを1度行ってこれを第1、第2テイクとした。
(テイク表記が違うのはスタジオのルールのせいか?)
最終的に第2テイクをミックスダウンして仕上げている。

ジョンはこの曲でクラヴィオラインという初期のアナログシンセサイザー(当然モノフォニックで単音しか出せない)を使用している。イントロ部分のオーボエの様な音がそれである。

このクラヴィオラインで最も有名なプレイといえば、デル・シャノンの1961年の曲「悲しき街角」の間奏である。
改造されたクラヴィオライン(ロックトロンと名付けられている)でのプレイが収録されている。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. 今では簡単にステレオバージョンが聴けるが・・・・・
    当時(1986年頃)この曲のリアル・ステレオバージョンは入手しにくく、シングル盤、そしてLP「マジカル・ミステリー・ツアー」は疑似ステレオだったために非常に音が悪かった。
    限定版だった「The Beatles EP Collection」のボーナスEPにしか収録されていなかったのである。
    お金を貯めて、このEPセットを買い、ステレオバージョンでポールのリッケンベースの音を聴いたときに鳥肌が立ったのを今でもはっきりと覚えてます。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. オリンピックスタジオのエンジニアだったエディ・クレイマーがビブラフォンをプレイしており、そしてたまたまそこに居合わせたローリング・ストーンズのミック・ジャガーがコーラスに参加している。
    フェイドアウト寸前の「Baby, Youre a Rich man too」のリフレインで、音程がキツかったのか1オクターブ下で歌うミックの声がはっきりと聞き取れる。
  2. Wikipediaなどネットのあちこちに「ブライアン・ジョーンズがオーボエで参加している」という記述を見かけるが、これはイントロのあのフレーズの事を指しているのだろうか?
    何よりこのセッションが行われた前日の1967年5月10日にブライアン・ジョーンズはコートフィールドのアパートで麻薬捜査官により逮捕されているのである。
    逮捕された翌日に「あの」ブライアン・ジョーンズがミックと一緒にビートルズがやってるセッションに出かけたりするかねえ・・・・・
    しかも、この時期のブライアンは恋人のアニタをキース(リチャーズ)に取られたばかりでかなりの精神状態だった事もわかっている。
    てか、この機械的なメロディをオーボエで吹けるってんなら確かにすごいけどねえ。
  3. この曲はジョンの「One of the Beatiful people」という曲と、ポールの「Baby,You're a Rich Man」という曲の合作で、たぶんサビの部分をポールが作ったのだろう。曲名もこちらが採用されている。
    ジョンはサビの部分を「Baby, You're a Rich fag Jew(お前は金持ちのユダヤホモ野郎)」と歌っていたという記録も残っており、そのせいかブライアン・エプスタインに向けられた曲とも言われていた。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表