ザ・ビートルズ楽曲データベース

Martha My Dear

邦題
マーサ・マイ・ディア
作者
Lennon/McCartney (ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / -
使用楽器
  • Epiphone Casino (Paul)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Ludwig (Paul?)
  • Piano (Paul)
  • Strings
  • Brass
  • Clarinet

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの本国9枚目のオリジナルアルバム、そして唯一の2枚組アルバムの「ザ・ビートルズ」 (通称:ホワイト・アルバム)のDisc1、9曲目(アナログではこの曲よりB面)に収められたナンバー。
作者のポールがリード・ヴォーカルをとり、またすべての楽器をポールが演奏している。

1968年、ビートルズはシングル「レディ・マドンナ」を録音し終えた後、2月15日から3月の末までにインドに滞在した。
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの元で瞑想修行をするためである。
このインド滞在中にかなりの曲を書きためたビートルズは4月に帰国後、5月30日の「レボリューション1」を始めにこのアルバムのセッションを開始した。
最終的に曲は32曲録音されたが、ジョージ・マーティンは「クォリティを高めるために1枚に絞り込むべきだ」と主張。
ビートルズ側はこれを聞き入れずに最終的に30曲入りの2枚組として発売したのである。

各自の音楽家としての成長、それと共に育つエゴとプライド。
そしてセッション途中からの8トラックレコーディングの導入が、それぞれの個人作業を容易にしてしまった。
5月14日にはビートルズ自身のレコード会社「アップル」設立を発表。
ブライアン・エプスタイン不在の中、ビートルズはまったく未経験のビジネスに身を投じストレスを溜め込み始める。
お互いがお互いを助け合っていた4人のバランスが、このセッションより微妙に狂い始めたのだった。

この曲が録音開始されたのは1968年10月4日。トライデント・スタジオでの8トラックレコーディング。
ヴォーカルとピアノ、そしてドラムのみで1テイク録音され、それがそのままベストテイクとなった。
そしてこの日の内にホーンとストリングスのオーバーダブも行われる。
この時点で、ジョージ・マーティンがこの曲のスコアを用意していた、という事は前もってポールからこの曲のデモテープを受け取っていた可能性が非常に高い。
あと、この日は「ハニー・パイ」のホーンセクションも同時に録音されている。
ストリングスとホーンの録音が終了した後に、ポールは既存のガイドヴォーカルを消去して新しいボーカルを録音。

1968年10月5日。前日に引き続きトライデント・スタジオ。
ポールはベースとギターをこの曲にオーバーダブする。
この曲はこれで完成に至る。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲はポールの飼い犬「マーサ」をからタイトルは取られたが、歌詞の内容は関係ないそうである。
  2. 「全ての楽器をポールが演奏している」との事だが、注目すべきはドラムである。
    確かに10月4日のセッションはこの曲と「ハニー・パイ」のオーバーダブセッション、しかもトライデントスタジオという別の場所で行われているので、この日ポールだけが立ち会っていたとしてもおかしくはない。
    しかし、ベーシックトラックは「ガイドボーカル、ピアノ、ドラムで1テイク」なので2人で録音した可能性も高い。
    このアルバムのセッションでポールは8月22日の「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」、そして8月28日の「ディア・プルーデンス」でドラムを叩いてはいるが、「人として」そのリンゴ脱退騒動があって、和解して復帰した後に、またドラムを叩けるのか?という個人的な疑問もあったりするw
    同じトライデントで録音された「ディア・プルーデンス」と比べてみると、リズムはともかくフィルインのシャープさがまるで違う気がする。いわばとても「リンゴ臭い」オカズなのである。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表