ザ・ビートルズ楽曲データベース

Good Morning,Good Morning

邦題
グッド・モーニング・グッド・モーニング
作者
Lennon/McCartney(ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ジョージ、ポール
使用楽器
  • Epiphone Casino?(John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Fender Stratocaster (Paul)
  • Ludwig (Ringo)
  • Saxophone (Barrie Cameron)
  • Saxophone (David Glyde)
  • Saxophone (Alan Holmes)
  • Trombone (John Lee)
  • Trombone (Unknown)
  • French Horn (Unknown)
  • Maracas(?)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での8枚目にあたるオリジナルアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の11曲目に収録されたナンバー。作者のジョンがリード・ヴォーカルをとり、ポールとジョージがコーラスをつけている。

1966年、ビートルズには様々な変化があった。
前アルバム「リボルバー 」のレコーディング・セッション終了後、ツアーに出たビートルズは1966年8月29日のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パークのステージを最後に一切のコンサート活動を停止する。
行く先々でのビートルマニアの熱狂、楽曲の再現の難しさ、そしてあちこちでのトラブルにメンバーは疲れ切っていた。この無意味とも思えるコンサート活動を停止すれば、レコーディングに専念できると考えたのだ。

デビュー以来、守り続けてきた「1年に2枚」のアルバム制作もこの年は初めて守られなかった。
その代わりに、クリスマスシーズン用に初のベストアルバム「オールディーズ」を発売。(未CD化)
11月24日からシングル「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の録音を皮切りに、「もうステージはやらない」と宣言したビートルズは「架空のバンドがショーをする」というコンセプトアルバムの制作を開始したのである。

この曲は1967年2月8日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音が開始された。
非常にややこしい拍子のこの曲はまずリズム・トラックを8テイク録音(その内完全バージョンは4テイク)
この段階ではどうやらジョンのギターとリンゴのドラムだけで録音を行った様である。
ベストと判断されたのは第8テイク。

1967年2月16日にジョンのボーカルと、ポールのベースをオーバーダブ。
ここでリダクションミックスして第9、第10テイクを作り、2番目の第10テイクをベストに選ぶ。
この時点でジョンのボーカルはADT処理された。

1967年3月13日。
前のセッションから約1ヶ月経った頃、ジョンが「管楽器を入れたい」と提案したためにサックス×3、トロンボーン×2、フレンチホルン×1のセッション・ミュージシャンが呼び出される。
彼らは、ジーン・ヴィンセントやリトル・リチャードなどのロックンロール・スターのヨーロッパ公演のバックを務めていたツワモノ達である。
録音の時にジョンは「サウンドがストレートすぎる」と言い出して、リミッターやコンプレッサーなどを多用してブラスの音を限りなく加工した。

1967年3月28日。
ジョンのリード・ヴォーカルを録音(2月16日のボーカル録音はリダクションの際に消された?)。
その後にリダクションミックスして空きトラックを作り、コーラスとポールによるリードギターを録音。
これが第11テイクとなる。

そしてジョンは「エンディングに動物の鳴き声を入れたい」と言い出したのだが
「(生態系として)弱い者順に並べてくれよ!」と要望があったために。ジェフ・エメリックはまたも苦労する事に。
(厳密に言うと、実際はそういう風になっていない。)
このSEテープは翌日にもう少し調整された後にオーバーダブされて、この曲は完成に至った。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. モノラル盤でのポールのギターソロのフェイダー操作がステレオ盤とは若干違う。
    特に最終章に入る直前のフレーズの音色がフランジング効果に近い処理がされている。
  2. The Beatles Anthology 2」に1967年2月16日時点でのTake10(英語版ライナーでは8となっている)が収録されている。ギター、ドラム、ベースとジョンのボーカルのみの演奏だが、「ビートルズ・レコーディング・セッション」における「2月16日にポールのベースとボーカルが足された」、という記述によればアンソロジー収録のテイクはこの日のTake9、もしくは10となる。ライナーのTake8を信じるのであれば、ポールはTake1からベースの録音をしていたことになる。いずれにしてもギターは1本しか聞こえていないので、ジョージは楽器演奏では参加していない事になるが・・・・

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ジョンはこの曲をコーンフレークのCMから着想を得たそうで、このアルバムのセッション曲はほとんど「何かしらの既存物から着想を受けて引用」した曲ばかりとなる。もっとも後年1967年頃は一番創作意欲が落ちていたと発言はしているが。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表