ザ・ビートルズ楽曲データベース

Blue Jay Way

邦題
ブルー・ジェイ・ウェイ
作者
Harrison(ジョージの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョージ / ジョン、ポール
使用楽器
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Hammond Organ(George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (Paul)
  • Tambourine (Ringo)
  • Cello

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズが企画した映画「マジカル・ミステリー・ツアー」のサウンドトラック盤(イギリスでは2枚組EP盤として発売された)のディスク2のB面に収められたサイケデリック色の強いナンバーである。作者のジョージがリード・ヴォーカルをとり、ジョンとポールがコーラスを取っている。

映画ではテント内にて上映される映画の中の場面としてジョージが登場し、そこにこの曲が使われている。

この6曲入りEP盤のセッションはアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のセッションが終わり、まだ発売もされていない1967年4月25日から開始されている。(「サージェントのミックスダウンが終わったのは5日前の4月20日!)

アメリカでは複数の曲をEP盤の片側に詰め込む事が一般的ではなかったために、
アルバムに未収録だったこの時期のシングルを収録した編集アルバムとして、LP盤「マジカル・ミステリー・ツアー」が企画され、本国でのEP発売の10日前にキャピトルから先行発売された。
1987年のCDリリースに際して、全世界で音源そしてカタログラインナップを統一する事になり、唯一アメリカ編集盤からこのLPが選ばれて統一カタログにラインナップ入りする事となった。
現行のCDでは「マジカル・ミステリー・ツアー」の4曲目に収録されている。

1967年9月7日にアビイ・ロード第2スタジオにて録音開始。
このレコーディングの数日前、1967年8月27日にデビュー以来のマネージャーであった、ブライアン・エプスタインが死亡している。ビートルズは「船頭」と呼べる唯一の人を失いながらも、まずこのテレビ映画のプロジェクトを完成させるべく動き始めたのである。

この日は第1テイクを録音したあとにリダクションミックスを行い、第2テイクを作成。
その後にジョージのヴォーカル、ジョンとポールのコーラスを録音して再度リダクションして第3テイクを作成。
オルガンにはレズリー効果を使い、ボーカルにはかなりきつめのADT処理が行われている。

1967年10月6日。
外部ミュージシャン(詳細不明)によってチェロがオーバーダビングされる。

1967年10月12日。
この日にモノラル・ミックスが作成される。しかしこれは後に破棄された。

1967年11月7日。
ステレオとモノラルの両方のミックスダウンが行われた。
ステレオで試した事を、モノラルにも適用しようとしたがあきらめたそうだ。
これによって、モノラルとステレオではミックスの違いが出る事になる。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. モノラルとステレオでは、声を逆回転して作ったSEの有無に違いがある。
    ジョージのヴォーカルと掛け合いのように入るSEはステレオ盤のみにミックスされており、モノラルには入っていない。これはどうやらモノラルミックスした音源を逆回転させて作ったSEをステレオ盤に使用しているものと思われる。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲はジョージがロスアンジェルスのブルー・ジェイ・ウェイで、約束の時間になっても現れない友人、デレク・テイラー(アップルレコードの広報担当)にイライラしながら作った曲だそうだ。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表