ザ・ビートルズ楽曲データベース

Fixing a Hole

邦題
フィクシング・ア・ホール
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ジョン、ジョージ
使用楽器
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Fender Stratocaster (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Harpsichord (George Martin)
  • Maracas (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での8枚目にあたるオリジナルアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の5曲目に収録されたナンバー。作者のポールがリード・ヴォーカルをとり、ジョンとジョージがコーラスをつけている。

1966年、ビートルズには様々な変化があった。
前アルバム「リボルバー 」のレコーディング・セッション終了後、ツアーに出たビートルズは1966年8月29日のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パークのステージを最後に一切のコンサート活動を停止する。
行く先々でのビートルマニアの熱狂、楽曲の再現の難しさ、そしてあちこちでのトラブルにメンバーは疲れ切っていた。この無意味とも思えるコンサート活動を停止すれば、レコーディングに専念できると考えたのだ。

デビュー以来、守り続けてきた「1年に2枚」のアルバム制作もこの年は初めて守られなかった。
その代わりに、クリスマスシーズン用に初のベストアルバム「オールディーズ」を発売。(未CD化)
11月24日からシングル「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の録音を皮切りに、「もうステージはやらない」と宣言したビートルズは「架空のバンドがショーをする」というコンセプトアルバムの制作を開始したのである。

この曲は1967年2月9日に録音が開始された。
いつも使っているアビイ・ロードスタジオは埋まっていて、
しかたなくビートルズとジョージ・マーティンはリージェント・サウンド・スタジオという所でこの曲を録音した。
リージェント・スタジオはローリング・ストーンズの初期の曲が録音されたスタジオだが、アビイ・ロードに比べてかなり狭くて窮屈だったそうである。
この頃の録音には珍しく、ヴォーカル入りで合計3テイクを録音した。
イントロから入ってるハープシコードはおそらくマーティン卿が弾いていると思われる。

翌日の1967年2月21日。アビイ・ロード第2スタジオにて、この曲を一度録音しなおす。
しかしこの新録音テイクは破棄されて、リージェント・スタジオの第2テイクをリダクションして第3テイクを作成。
(リージェントでの第3テイクとは全く別物である。)
ここにオーバーダビング(おそらくコーラスとリードギター、そしてパーカッション類)を施した。
その後にリミックスを第2~第6テイクまで行って、第3と第6のリミックスを編集して完成に至った。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ポールにしては珍しい哲学的、または詩的な意味をもつ歌詞である。
    ジョンは「やれば書けるじゃないか」と絶賛したらしい。
    またこの「Fixing a Hole」はスラングでは「注射器の跡」という意味があるらしく、またもや放送禁止となってしまった。
  2. リージェントスタジオで録音を担当したリチャード・ラッシュによると、『あの曲ではジョンがベースを弾いていたのをはっきり覚えているよ。」という事らしいが、それだったらジョンはベーシストとしても一流になるな・・・
    シー・セッド・シー・セッド」の時とは違い、このベースは紛れもなくポールの物だと思う。
    しかし・・・・・このリチャード・ラッシュって誰?「ビートルズ・レコーディング・セッション」に「不明」と書いている人物?

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表