ザ・ビートルズ楽曲データベース

Good Night

邦題
グッド・ナイト
作者
Lennon/McCartney(ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
リンゴ / -
使用楽器
  • Orchestra

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの本国9枚目のオリジナルアルバム、そして唯一の2枚組アルバムの「ザ・ビートルズ」 (通称:ホワイト・アルバム)のDisc2、13曲目に収められたバラードナンバー。
リンゴがリード・ヴォーカルをとり、またリンゴ以外のメンバーは一切録音には参加していない。

1968年、ビートルズはシングル「レディ・マドンナ」を録音し終えた後、2月15日から3月の末までにインドに滞在した。
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの元で瞑想修行をするためである。
このインド滞在中にかなりの曲を書きためたビートルズは4月に帰国後、5月30日の「レボリューション1」を始めにこのアルバムのセッションを開始した。
最終的に曲は32曲録音されたが、ジョージ・マーティンは「クォリティを高めるために1枚に絞り込むべきだ」と主張。
ビートルズ側はこれを聞き入れずに最終的に30曲入りの2枚組として発売したのである。

各自の音楽家としての成長、それと共に育つエゴとプライド。
そしてセッション途中からの8トラックレコーディングの導入が、それぞれの個人作業を容易にしてしまった。
5月14日にはビートルズ自身のレコード会社「アップル」設立を発表。
ブライアン・エプスタイン不在の中、ビートルズはまったく未経験のビジネスに身を投じストレスを溜め込み始める。
お互いがお互いを助け合っていた4人のバランスが、このセッションより微妙に狂い始めたのだった。

この曲が録音開始されたのは1968年6月28日。アビイ・ロード第2スタジオ。
もともとジョンは最初からリンゴに歌わせるべくこの曲を書いたそうで、この日はジョンのアコースティック・ギターとリンゴのボーカルだけで5テイクが録音されている。
これは多分リハーサルを兼ねたものだったのだろう。
各テイクの始めにはリンゴによる、「子供達への言葉」が即興で付け加えられた。

1968年7月2日。アビイ・ロード第2スタジオ。
先日の第5テイクにリンゴのヴォーカルと、コーラスを加える。
しかしこのコーラスも、アコースティックギターも最終的にはすべて省かれてしまった。
このテイクそのものが破棄されてしまったのである。
ジョージ・マーティンはオーケストラのスコアを書くために、この日のテイクをモノミックスして持ち帰った。

1968年7月22日。アビイ・ロード第1スタジオ。
26名ものオーケストラを収容するには、広い第1スタジオを使うしかなかったのである。
まずオーケストラは12テイク録音(なぜかテイク番号は23から始まっている)されて第34テイクがベストと判断。
そして、ビートルズのレコーディングでは2回目になるマイク・サム・シンガーズが再び招かれて、混声コーラスをオーバーダビング。(「 アイ・アム・ザ・ウォルラス」が最初の参加。)

そして第34テイクにリンゴのヴォーカルがオーバーダビングされてこの曲は完成した。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. モノラルではイントロがフルボリュームで始まるのに対して、ステレオではゆっくりフェードインしてくる。
    またボーカルもモノラル盤の方がエコーが深くミックスされている。
  2. The Beatles Anthology 3」に、ピアノとリンゴのボーカルのみの初期バージョンが収録されている。
    これはいつ録音されたかは不明だが、「ビートルズ・レコーディング・セッション」に書かれているのは、 ジョンのアコギとリンゴのボーカルで初期の5テイク、という事なのでこのバージョンではない、と言える。
    ただ1968年7月22日はオーケストラと共にピアノとチェレスタをジョージ・マーティンがプレイした、と書いてあるのでこの日に「歌の確認」のため、マーティンとリンゴがプレイしたものなのかも知れません。
    この収録テイクはピアノだけで歌われているが、エンディング近くで最終テイクと切り替わり、オーケストラが入ってくる。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. このオーケストラのアレンジに対してジョンは「ちょっとやりすぎたかも」とレコーディング直後に発言している。
    この曲は子守歌としてジュリアンに書いた曲で、ジョンの多面さが顕著に出てると言えます。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表