ザ・ビートルズ楽曲データベース

You Never Give Me Your Money

邦題
ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ジョン(?)、ジョージ(?)
使用楽器
  • Epiphone Casino (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Gibson Les Paul (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (Paul)
  • Tambourine
  • Wind Chime

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの11枚目の英国オリジナルアルバム「アビイ・ロード 」の9曲目に収められているナンバー。
このアルバムは1969年9月26日に発売された。
B面(アナログ)最後まで続くメドレーの最初の楽曲である。
作者のポールがリード・ヴォーカルをとっており、一説によるとコーラスも全てポールによるものとか。

運命の1969年。年が明けてすぐの1月2日。ビートルズはトゥイッケナム・フィルム・スタジオに姿を現した。
混沌とする活動状況を打破する為に、ポールが打ち出したのは「原点に帰る」というコンセプトだった。
デビュー以来の、全世界をコンサートで飛び回っていたあの頃に帰る、という事。
オーバーダブなどしなかった(出来なかった)あの頃に・・・・!

ポールはコンサートツアーの再開を提案したが、他の3人は難色を示す。
妥協案として1度だけのコンサートも企画されたが、これも結局流れてしまった。
最終的にリハーサルなどを含むドキュメンタリーを制作しテレビで放送する、という事で合意した4人は
このフィルムスタジオでリハーサルを開始した。「ゲット・バック(原点に帰る)・セッション」の始まりである。

しかし、いつも撮影されているというプレッシャー、そして薄ら寒いだけの撮影スタジオという慣れぬ環境。
張り切るポールはあれやこれやとジョージに指示、ジョージはそれに反発して口論となり
5ヶ月前にリンゴがしたように、1月10日にスタジオを飛び出してしまう。
数日後にジョージは復帰するが、テレビショウに関しては意見を曲げず、結局この企画は流れてしまう。
映像撮影、そして「オーバーダブをやらない」というコンセプトのアルバム制作は続行されるものの
1969年1月30日のルーフトップ・コンサート、そして翌日のセッションをもってこのプロジェクトを放棄。
総時間、90時間以上の撮影・録音テープを残したまま、ビートルズはアップルスタジオを去ったのだった。
後にこの撮影テープは映画「レット・イット・ビー」となり、
録音物はフィル・スペクターの手によってアルバム「レット・イット・ビー」としてまとめられ、
ビートルズのラスト・アルバムとして翌年の1970年5月8日に発売される。

あの苦しいセッションが終了してしばらく経った頃。ポールはジョージ・マーティンに電話をかけた。
「もう一枚アルバムを作ろうと思うんだけど、またプロデュースしてくれないかな?本当の意味でね。」
マーティンは「本当に昔の様にできるならいいけど、そうじゃないなら断るよ。」と応え、これを了承した。
4人はすでにバラバラになっているにも関わらず、再びアビイ・ロードスタジオに集結する。
・・・・・・・最後の奇跡を形にするために。

この曲が録音開始されたのは1969年5月6日。オリンピック・サウンド・スタジオ。
ポール(ピアノ)、リンゴ(ドラム)、ジョン(ギター)、ジョージ(ギター)の編成で36テイクを録音する。

しばらく日が開き、1969年7月1日。アビイ・ロード第2スタジオ。
ポールはスタジオに一人で現れ、5月6日の第30テイクにヴォーカルをオーバーダブする。
この日を境に「アビイ・ロード」をアルバムとしてまとめる意向が固まったらしい。

1969年7月15日。アビイ・ロード第2スタジオ。
この日もポールによるヴォーカルのオーバーダブ(これはコーラスにあたる部分か?)。
あとウィンド・チャイムもこの日にオーバーダブされた。

1969年7月30日。アビイ・ロード第2スタジオ。
第30テイクをリダクションして第37~第42テイクを作成する。
そして、第40テイクに新たにヴォーカルをオーバーダブした。
この日、アルバム後半のメドレー曲の全てがステレオミックスされて、仮につなぎ合わせる作業が行われた。
次の曲である「サン・キング」とはクロス・フェイドで繋げることを何度も試行錯誤したが、
今回はオルガンの音でこの2曲をつなげるというアイデアのまま放置される。

翌日の1969年7月31日。アビイ・ロード第2スタジオ。
前日の仮ミックス(メドレー)を聞いたポールは、前日のリダクションが不要と判断して第40テイクを破棄。
前のテイクである第30テイクにベースとピアノを加えてこの曲の録音を終了する。

1969年8月5日。アビイ・ロード第3スタジオ。
ポールは自宅で作ったサウンド・エフェクトのテープをビニール袋に入れて持ってきた。
サン・キング」とのつなぎに聞こえるコオロギの声などのSEである。
結局、これが採用されて「オルガンの音」は却下される事になった。
なお、「ヒア・カムズ・ザ・サン」用のテープもビニール袋には入ってたそうだがこれは未使用。

この日はモーグ・シンセサイザーがスタジオに設置され、「ビコーズ」へのオーバーダブが行われている。

1969年8月21日に最終ステレオミックスが作成された。
この際に現在のリリースで聞けるクロス・フェード処理になった。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. 3部に渡って展開されるこの曲の歌詞は「お前はオレに金をよこさない、代わりに変な紙切れを渡しやがる」という歌い出しで始まる。これは明らかにビートルズの会社「アップル」の経営状態を歌った歌であろう。
    どんどん曲調が変わっていくせいで、あまり意識はしないが歌詞はグチとネガティブな言葉が並ぶ曲なのだ。
  2. この曲はメドレー後半の「キャリー・ザット・ウェイト」の中で再度繰り返される。
    あたかも「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (リプライズ)」での手法と同じ事が繰り返されて、聞いているこっちはここでもジンと来てしまうから困る。
  3. 映像版「アンソロジー」の中でポールが
    オリンピック・スタジオでセッション中にアラン・クラインが来て契約を迫った。」と語る部分がある。
    ポールは当時、リンダの父であるリー・イーストマンを新しいマネージャーに推薦していたのだが、他の3人は全員一致で元ローリング・ストーンズのマネージャーだったアランを推薦していた。
    確かに恋人であるリンダの父にマネージャーになられたら、ポールの権力が増すと思われても仕方ない。
    ポールは「アランは金曜の夜に来て非常識だった」と語っているが、アルバム「アビイ・ロード」のセッションにおいて、金曜の夜にオリンピック・スタジオでセッションが行われた記録はないのである。
    当時、オリンピック・スタジオで金曜日に行われた作業は、1969年5月9日のアルバム「ゲット・バック(未発表)」のミキシング作業のみであり、この放棄したアルバムのミキシングにビートルズのメンバー4人が立ち会っていたとは到底思えないのだが・・・・・ポールの記憶違いなのかなあ。
  4. この陰惨な歌詞の曲がなぜか日産サニーのCMで使われた事がある。
    これを見た時はすでに歌詞の意味を知ってたので、「なんて歌詞の曲をCMにしよるんだ」と思ったものだ。
    イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」の歌詞の意味も知らずに、盛り上がってしまう我々日本人の悲しい性なのかw

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表