ザ・ビートルズ楽曲データベース

I'm Down

邦題
アイム・ダウン
作者
Lennon-McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ジョン、ポール、ジョージ
使用楽器
  • Rickenbacker 325 (John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gretch Country Gentleman (George)
  • Ludwig(Ringo)
  • Vox Organ (John)
  • Bongo (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での10枚目のオリジナルシングルである「ヘルプ!」のカップリング曲。
このシングルは英国では1965年7月23日に発売された。
作者のポールがリード・ヴォーカルを取り、ジョン、ポール、ジョージの3人がオーバーダブを駆使して重厚なコーラスを付けている。

各オリジナルアルバムには未収録のために、現在では編集盤「パスト・マスターズ」に収録されている。

この曲が録音されたのは1965年6月14日。アビイ・ロード第2スタジオ。
5枚目のアルバム「ヘルプ! 」のセッション中の事である。

この日ビートルズはまず「夢の人」をレコーディングしてから、この曲のレコーディングに挑んだ。

まずリズムトラックを7テイク録音し、第7テイクにコーラス、ヴォーカル、ギター、パーカッションをオーバーダブしてこの曲を仕上げている。

なお、この曲の後に録音されたのは、あの「イエスタデイ」である。
ポールの喉の強さには呆れるばかりである。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Anthology 2」に第1テイクが収録されている。
    ポールは第1テイクから気合いを入れて歌っている事がこのテイクを聞いてもわかるw
    ジョンはオルガンを弾き、ジョージはたどたどしく曲を探るようにギターを弾いている。
    曲が終わってから「Plastic Soul man,Plastic Soul」とポールがつぶやいているが、これが次のアルバム「ラバー・ソウル」のアルバム名のきっかけになった。
    これは「まがい物のソウル」というポールのジョークで、アメリカの黒人音楽に近づこうと努力するイギリスの白人(つまり自分たちを含めたブリティッシュロック勢)を皮肉ったもの。
    しかし、それこそがブリティッシュ・ロックの創世記の魅力だと思うんだがどうだろう。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ポールは「『ロング・トール・サリー』の様な曲を作ろうと思って書いたんだ」と発言している。
    実際、コンサートツアーでは「ロング・トール・サリー」に代わり、この曲が演奏されるようになった。
    それ以来、この曲がほとんどのコンサートのラストナンバーとして歌われている。
    ちなみに日本公演のラストナンバーでも歌われている。
  2. ジョンはこの曲でオルガンを演奏しているが、実際のライブでも演奏する事があった。
    アンソロジー映像版ではシェア・スタジアム公演でジョンがオルガンを弾く姿を見ることができる。
    しかしレコーディング時と同様、真面目には弾いておらず肘でグイグイとオルガンをプレイしていた。
  3. ミュンヘンでのライブでポールは歌い出しの歌詞をど忘れしてしまい、ジョンが笑顔で「"You telling lies thinking I can't see"だろ?」と教えてあげたにも関わらず、2番から歌い出してしまい、実際の2番の所に来たら「モゴモゴ・・・」となってしまった。リンゴは思わず爆笑してしまっている。
    ジョンは間奏でのブレイクをど忘れしてしまって、「あ、やべ!」と手を後ろに回してごまかすなど、このライブテイクはとっても微笑ましくてお気に入りであるw
  4. エアロスミス、エイドリアン・ブリューなどにカバーされている。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表