ザ・ビートルズ楽曲データベース

Everybody's Trying To Be My Baby

邦題
みんないい娘
作者
Carl Perkins (カール・パーキンス)
リードヴォーカル / コーラス
ジョージ /  -
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gretch Tennessean(George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Tambourine (John)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での4枚目にあたるオリジナルアルバム「ビートルズ・フォー・セール」の14曲目に収録されたロックンロールナンバーである。
ビートルズは「年にアルバム2枚」の契約をこなすために、前作「ハード・デイズ・ナイト」の発売一ヶ月後から、このアルバムのセッションに取りかかっている。
ジョージがダブルトラックで全編リードを取っている。

この曲はカール・パーキンスが1957年にリリースしたナンバーである。
マッチ・ボックス」「ハニー・ドント」に続く3曲目のパーキンス・ナンバーになる。
ジョージはデビュー前からこの曲をステージで歌っている。

この曲が録音されたのは1964年10月18日、アビイ・ロード第2スタジオ。
ビートルズはこの日だけで7曲(シングル、「アイ・フィール・ファイン」を含む)を録音している。
1テイクで録音され、ダブルトラック用のボーカルとタンバリンがオーバーダブされた。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Anthology 2 」に1965年8月15日に行われたニューヨーク、シェア・スタジアムでのライブ演奏が収録されている。
  2. The Beatles Live at BBC」にはBBCセッションでの演奏が収められている。
    アルバム収録のものとほとんど変わらない。
  3. 2016年9月9日発売の「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 」(アナログのみで発売されていた公式ライブ盤「ザ・ビートルズ・スーパー・ライブ!」のCD化)にこの曲のライブバージョンが収録されている。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲を歌詞カードを見て一緒に歌った事のある人は一度は疑問に思った事があるはずだが
    歌詞は「Everybody's Trying To Be My Baby」とカタカナで書くと「トライングトゥ」または「トライントゥ」なのだが、どれだけ耳を凝らして聞いても、ジョージは「サーナ」と歌ってる様にしか聞こえない。
    カール・パーキンスの原曲ではちゃんと「トライントゥ」と歌っているんだが、コンサート音源でのジョージのMCも「サーナ」と発音しているので、これは俗に言う「リヴァプールなまり」ってヤツなのかも・・?

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表