ザ・ビートルズ楽曲データベース

Komm, Gib Mir Deine Hand

邦題
抱きしめたい(ドイツ語)
作者
Lennon/McCartney(二人の共作)
リードヴォーカル / コーラス
ポール、ジョン / -
使用楽器
  • Rickenbacker 325 (John)
  • Hofner Bass (Paul)
  • Gretch Country Gentleman (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Hand Clap

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での5枚目のオリジナルシングルである「抱きしめたい」のドイツ語バージョン。
これはドイツのファン(ビートルズはデビュー前にドイツ・ハンブルグに滞在してライブ活動を行っていた)のために、営業サイドが判断してリリースを決めたものである。
1964年3月5日に西ドイツでオデオン・レーベルから発売された。カップリングは「シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)」。

各オリジナルアルバムには未収録のために、編集盤「パスト・マスターズ」に収録されている。

この曲が録音されたのは1964年1月29日。フランス・パリのEMIパテ・マルコーニ・スタジオで録音された。
この時期、ビートルズはパリで19回の公演の仕事があり、パリに滞在していた。
その時に、EMIドイツの担当者がブライアン・エプスタインに「彼らにドイツ語のレコードを作らせてほしい」とネジこんだのである。
ドイツからパリに翻訳家を派遣したりと、EMIドイツはかなり力を入れていたらしい。

ビートルズはこれを大変嫌がったそうで、約束の時間になってもスタジオに行かなかったりした。
最終的にはジョージ・マーティンがホテルに乗り込んで、彼らをスタジオに引っ張っていったそうである。

この曲に関しては先のシングルに使ったバックトラックを使って、オケを作った。
しかしシングルと全く同じ、というわけではなくギターが抜けていたりする。

彼らは11テイク録音して、第5テイクと手拍子をオーバーダブした第7テイクを編集してこの曲を完成させた。

この後に「シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)」を手早く録音した彼らは、余った時間を利用して
6枚目のシングル「キャント・バイ・ミー・ラヴ」をほんの1時間弱で仕上げてしまうのである。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

特になし

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表