ザ・ビートルズ楽曲データベース

I Want You

邦題
アイ・ウォント・ユー
作者
Lennon/McCartney(ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ポール、ジョージ
使用楽器
  • Epiphone Casino (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Gibson Les Paul(George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Hammond Organ(Billy Preston)
  • Conga (Ringo)
  • Moog Synthesizer (John)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの11枚目の英国オリジナルアルバム「アビイ・ロード 」の6曲目に収められているヘヴィーなナンバー。
このアルバムは1969年9月26日に発売された。
作者のジョンがリード・ヴォーカルを取り、ジョン、ポール、ジョージが見事なコーラスをつけている。

運命の1969年。年が明けてすぐの1月2日。ビートルズはトゥイッケナム・フィルム・スタジオに姿を現した。
混沌とする活動状況を打破する為に、ポールが打ち出したのは「原点に帰る」というコンセプトだった。
デビュー以来の、全世界をコンサートで飛び回っていたあの頃に帰る、という事。
オーバーダブなどしなかった(出来なかった)あの頃に・・・・!

ポールはコンサートツアーの再開を提案したが、他の3人は難色を示す。
妥協案として1度だけのコンサートも企画されたが、これも結局流れてしまった。
最終的にリハーサルなどを含むドキュメンタリーを制作しテレビで放送する、という事で合意した4人は
このフィルムスタジオでリハーサルを開始した。「ゲット・バック(原点に帰る)・セッション」の始まりである。

しかし、いつも撮影されているというプレッシャー、そして薄ら寒いだけの撮影スタジオという慣れぬ環境。
張り切るポールはあれやこれやとジョージに指示、ジョージはそれに反発して口論となり
5ヶ月前にリンゴがしたように、1月10日にスタジオを飛び出してしまう。
数日後にジョージは復帰するが、テレビショウに関しては意見を曲げず、結局この企画は流れてしまう。
映像撮影、そして「オーバーダブをやらない」というコンセプトのアルバム制作は続行されるものの
1969年1月30日のルーフトップ・コンサート、そして翌日のセッションをもってこのプロジェクトを放棄。
総時間、90時間以上の撮影・録音テープを残したまま、ビートルズはアップルスタジオを去ったのだった。
後にこの撮影テープは映画「レット・イット・ビー」となり、
録音物はフィル・スペクターの手によってアルバム「レット・イット・ビー」としてまとめられ、
ビートルズのラスト・アルバムとして翌年の1970年5月8日に発売される。

あの苦しいセッションが終了してしばらく経った頃。ポールはジョージ・マーティンに電話をかけた。
「もう一枚アルバムを作ろうと思うんだけど、またプロデュースしてくれないかな?本当の意味でね。」
マーティンは「本当に昔の様にできるならいいけど、そうじゃないなら断るよ。」と応え、これを了承した。
4人はすでにバラバラになっているにも関わらず、再びアビイ・ロードスタジオに集結する。
・・・・・・・最後の奇跡を形にするために。

この曲が取り上げられたのは1969年1月29日の「ゲット・バック・セッション」中の出来事である。
サヴィル・ロウにあるアップル・スタジオでリハーサルを兼ねて録音された。
この日はバディ・ホリーの楽曲が数曲録音されて、この日に録音された「Mailman,Bring me No More Blues」が後に「The Beatles Anthology 3」に収録された。(バディに関しての詳細は「ワーズ・オブ・ラヴ」で)

1月31日の「ゲット・バック・セッション」終了から約3週間後の1969年2月22日。
ビートルズはトライデント・スタジオに入った。
この時はまだアルバム「アビイ・ロード」の構想はなく、まだ「ゲット・バック」を仕上げるつもりだったと思われる。
3週間の中断は、ビリー・プレストン(キーボード)とグリン・ジョーンズ(エンジニア)の不在が主な理由で
ジョージも扁桃腺手術のために入院していた事もある。
ビリーとグリンの不在でセッション中断という事にしたのは、
この時はまだ「ゲット・バック・セッション」を続ける意思があったと思われるからだ。

この日はベーシック・トラックを35テイク録音。その内の1テイクは試験的にポールがヴォーカルをとった(!)。

翌日の1969年2月23日。トライデント・スタジオ。
この日は前日の録音物の編集作業が行われた。
前半は第9テイク、中間部分は第20テイク、その他は第32テイクがベストと判断され、
これらが編集されてマスターテイクが作られた。

その翌日の1969年2月24日。トライデント・スタジオ。
前日のマスターテイクを念のためにコピーする作業が行われる。

しばらく日をおいた、1969年4月18日。 アビイ・ロード第2スタジオ。
2月のトライデントのマスターテイクに、ジョンとジョージはギターをオーバーダブする。
これをリダクションして改めてテイク番号を第1テイクとして、ステレオリミックスを行う。
(この頃にはステレオ盤のリリースのみ、という方針が決まっていたため)

1969年4月20日。 アビイ・ロード第2スタジオ。
4月18日の第1テイクにハモンド・オルガンとコンガをオーバーダブする。

そしてまた日が空いて、1969年8月8日。アビイ・ロード第2スタジオ。
この日は「アビイ・ロード」のあのアルバム・ジャケット撮影が行われている。
なぜかここでは、トライデント・マスターに対してジョンがモーグ・シンセサイザーを、リンゴがドラムをオーバーダブ。

1969年8月11日。アビイ・ロード第2スタジオ。
ここでは4月18日の第1テイクにジョン、ポール、ジョージのコーラスがオーバーダブされた。
ジョンはこの時点でトライデントマスターか、第1テイクかを決めかねており、両方にヴォーカルを再録音している。
この時点でこの曲の録音は全て終了している。

1969年8月20日。アビイ・ロード第3スタジオのコントロールルーム。
結局ジョンは「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の様に二つをテイクをつなぎ合わせる事にした。
前半の4分37秒が第1テイク、後半がトライデントマスターである。
「She's so」のブレイク直後に切り替わるのがはっきりわかる。

この曲が完成した後、ビートルズは「アビイ・ロード」の曲順を決めて、アルバムマスターを作る作業に入る。

奇しくも、ビートルズのメンバーがスタジオに4人揃うのはこの日が最後となったのである。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ミックスする際に延々と最後の繰り返しが続く中、ジョンは「そこだ!そこでテープを切れ!」と叫び、ジェフ・エメリックが慌ててテープを止めたために、この曲のエンディングはぷっつりと途切れている。
    曲順を決める際にはA面とB面(アナログです)を逆にする案も出ており、もしこれが採用されたとなるとこの曲でアルバムが終わる事になり、いかにもジョンらしいなあと思ってしまうのは私だけでしょうかw
  2. 「究極のラブソングを書いた」とジョンが発言している様に、歌詞は至極単純な言葉でできている。
    マスコミには当時「作詞能力がすでにもうない」とか言われたが、現在では「逆に深い」と言われているのがおもしろい所である。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表