ザ・ビートルズ楽曲データベース

Sexy Sadie

邦題
セクシー・セディー
作者
Lennon/McCartney(ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ポール、ジョージ
使用楽器
  • Epiphone Casino (John)
  • Fender Jazz Bass? (Paul)
  • Gibson Les Paul(George)
  • Fender Stratocaster (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (Paul)
  • Hammond Organ (John?)
  • Tambourine
  • Hand Clap

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの本国9枚目のオリジナルアルバム、そして唯一の2枚組アルバムの「ザ・ビートルズ」 (通称:ホワイト・アルバム)のDisc2、5曲目に収められたナンバー。作者のジョンがリード・ヴォーカルをとり、ポールとジョージが不安定ながらも見事なコーラスを聞かせている。

1968年、ビートルズはシングル「レディ・マドンナ」を録音し終えた後、2月15日から3月の末までにインドに滞在した。
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの元で瞑想修行をするためである。
このインド滞在中にかなりの曲を書きためたビートルズは4月に帰国後、5月30日の「レボリューション1」を始めにこのアルバムのセッションを開始した。
最終的に曲は32曲録音されたが、ジョージ・マーティンは「クォリティを高めるために1枚に絞り込むべきだ」と主張。
ビートルズ側はこれを聞き入れずに最終的に30曲入りの2枚組として発売したのである。

各自の音楽家としての成長、それと共に育つエゴとプライド。
そしてセッション途中からの8トラックレコーディングの導入が、それぞれの個人作業を容易にしてしまった。
5月14日にはビートルズ自身のレコード会社「アップル」設立を発表。
ブライアン・エプスタイン不在の中、ビートルズはまったく未経験のビジネスに身を投じストレスを溜め込み始める。
お互いがお互いを助け合っていた4人のバランスが、このセッションより微妙に狂い始めたのだった。

この曲が録音開始されたのは1968年7月19日。アビイ・ロード第2スタジオ。
元々のタイトルは「Maharishi(マハリシ)」というだけあって、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーについて書かれている。
インドでの修行中、マハリシが弟子の女性に性的な興味を持った、という事を知ったジョンは大いに失望した。
そしてビートルズはインドから早々に帰国。
この曲の歌詞は当初、もっと直接的な表現で書かれており
Maharishi, you fucking cunt / Who the fuck do you think you are?」という歌詞だったそうだ。
(ちなみに英国では「cunt」は絶対に言ってはいけないスラングである。 元々の意味は女性器。)
ポールはこれを聞いて「おもしろい。このままで行こう」と発言したが、ジョージが止めたらしい。

ジョン(アコギ)、ポール(オルガン)、ジョージ(エレキ)、リンゴ(ドラム)の編成で21テイク録音。
テンポを変えたり試行錯誤しながらテイクを重ねたので、完全バージョンは少ない。
あるテイクではオノ・ヨーコが「ビートルズならもっとこの曲をまともにやれるはず」と発言しており
それに対してジョンが「そう。僕ならやれるかもな」と答えている。(と言うことは、スタジオ内にいたのか・・・)
この日は完成せずに終了。最後にジョンは「このサウンドは気に入らないな」と発言している。

1968年7月24日。アビイ・ロード第2スタジオ。
前回までのテイクを破棄してリメイクを開始。(テイク番号は25からスタート)
録音テープを3本使って23テイクを重ね、最終的に第47テイクがベストに選ばれるも、ジョンはまだ不服であった。

1968年8月13日。アビイ・ロード第2スタジオ。
またも前回までのテイクを破棄。新たなテイク番号は100からスタート!
ドラム、ピアノ、ギター、ボーカルで107テイクまで録音して、第107テイクをリダクション。
ここで第108~第111テイクを作成した。
この日はここまででこの曲は終了。この後、「ヤー・ブルース」のセッションに移った。

1968年8月21日。アビイ・ロード第2スタジオ。
結局、前回のリダクションミックスは使わずに、再び第107テイクをリダクションして第112テイクを作成。
ここにボーカルやベース、そしてコーラス、タンバリンなどをオーバーダブ開始する。
結局合計3回のリダクションとオーバーダブセッションを経て、第117テイクでこの曲は完成した。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. ステレオとモノラルではイントロ~歌にかけてミックスに違いがある。
    モノラルはピアノのイントロの後にタンバリンが入るが、ステレオに比べて1回少なく、またハンドクラップもほとんど聞こえない。
    そして、ポールのベースがなぜかジョンが歌い出してから(Sexy Sadie~)急にフェイドインしてくる。
    ステレオでは歌の前からベースが聞こえている。
  2. The Beatles Anthology 3」に、1968年7月19日の第6テイクが収録されている。
    CDライナーには「エレキギター、ドラム、オルガン、ボーカルの編成」と書かれているが、アコギの音も聞こえているのでこれはジョンが弾いていると思われる。
    そして、「ビートルズ・レコーディング・セッション」には「8月13日のセッションでようやくボーカルが初登場」と書いているが、このテイクは7月19日に録音されており、またしっかりジョンも歌っている。
    リリースされたものよりはかなりスローテンポである。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲はマハリシについて歌われているが、その原因となった出来事は双方に食い違いが発生している。
    ビートルズ側は「マハリシが信者の女性におっきした!」と発言しているが、マハリシ側は「道場でこのミュージシャン共はLSDとか大麻やり放題だったから出て行ってもらった。」と発言している。
    これは、どっちも本当に思えたりするので今では真相はわからない。
    ちなみのSadieとはヒンドゥー教の行者サドゥー (Saadhu) からジョンが作った言葉である。
  2. マハリシの修行(TMという)を受けるのには「年収の10分の1」という受講料が必要だったと言われている。
    そのマハリシも2008年2月5日にこの世を去った。
    最後の言葉は「世界の人々よ平和に幸福に豊かにそして苦しみなく長寿であれ」だったそうな。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表