ザ・ビートルズ楽曲データベース

I Am the Walrus

邦題
アイ・アム・ザ・ウォルラス
作者
Lennon/McCartney(ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / -
使用楽器
  • Electric Piano (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Fender Stratocaster(George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Tambourine (Ringo)
  • Strings, Brass and Woodwinds.

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズが企画した映画「マジカル・ミステリー・ツアー」のサウンドトラック盤(イギリスでは2枚組EP盤として発売された)のディスク1のB面に収められたナンバーである。作者のジョンがリード・ヴォーカルをとっている。

英国での16枚目のシングルである「ハロー・グッドバイ」のカップリングとしてもリリースされた。

映画では野外で仮装してでの演奏シーンに使用されている。

この6曲入りEP盤のセッションはアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のセッションが終わり、まだ発売もされていない1967年4月25日から開始されている。(「サージェントのミックスダウンが終わったのは5日前の4月20日!)

アメリカでは複数の曲をEP盤の片側に詰め込む事が一般的ではなかったために、
アルバムに未収録だったこの時期のシングルを収録した編集アルバムとして、LP盤「マジカル・ミステリー・ツアー」が企画され、本国でのEP発売の10日前にキャピトルから先行発売された。
1987年のCDリリースに際して、全世界で音源そしてカタログラインナップを統一する事になり、唯一アメリカ編集盤からこのLPが選ばれて統一カタログにラインナップ入りする事となった。
現行のCDでは「マジカル・ミステリー・ツアー」の6曲目に収録されている。

1967年9月5日にアビイ・ロード第2スタジオにて録音開始。
このレコーディングの数日前、1967年8月27日にデビュー以来のマネージャーであった、ブライアン・エプスタインが死亡している。ビートルズは「船頭」と呼べる唯一の人を失いながらも、まずこのテレビ映画のプロジェクトを完成させるべく動き始めたのである。ブライアンが死んでから初めてのレコーディングセッションがこの日だった。

この日はエレピ(ジョン)、ギター(ジョージ)、ドラム(リンゴ)の編成で16テイクを録音。
その内、完全に演奏できたのは5テイク。
これにメロトロンをオーバーダブして、この日のセッションは終わる。

翌日の1967年9月6日。アビイ・ロード第2スタジオ。
前日の第16テイクをリダクションして第17テイクを作成。それにポールのベースをオーバーダブ。
リンゴの追加ドラムとジョンのリードボーカルもオーバーダブされ、この段階で一旦アセテート盤が作られる。

1967年9月27日。アビイ・ロード第1スタジオ。
オーバーダブ用のオーケストラセッションである。
この日に呼ばれたのは、ヴァイオリン8台、チェロ4台、コントラバス・クラリネット1台、ホルン3台である。
第17テイクをリダクションして空きトラックを1つ作って、このオーケストラを7回録音した。
後半の4テイクは編集用テイクのために別のテープに録音された。
この中から第20テイクをベストとして選んで再びリダクションミックス。これが第25テイクになる。
そしてこの日はオーケストラの他にもコーラス隊が呼ばれていた。
マイク・サム・シンガーズという男8人女8人の16人からなる混声合唱団だが、実質は「hohoho,hehehe.hahaha!」などの奇声を発するだけの録音だった。

1967年9月28日。
前日の第25テイクをリダクションして1トラックにまとめて、第17テイクのトラック2にスーパーインポーズした。
これにより、第17テイクには同じ音源のオーケストラとコーラスが入ってるバージョンと入ってないバージョンが混在することとなる。

1967年9月29日。
第17テイクからモノラルリミックスを17通り作るセッションをジョンの立ち会いの下に行う。
この内、完全に出来たのは2テイクだった。
その内の一つであるリミックス10を前半に、後半のリミックス22はその場で流れているラジオをミックスしたバージョン。その時ちょうど、BBCではシェイクスピアの「リア王の悲劇」が行われていた。
このリミックス22はモノラルマスターにそのままラジオを重ねてしまったために、この部分からはモノラルになってしまう。(ステレオ盤は疑似ステレオ)

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. この曲ほどミックス違いが多い曲はないだろう。管理人も全部は聞いたことがないのだが・・・・
    • まずモノラル盤は「I'm Crying」の後に入るドラムフィルがカットされている。
      それ以外のミックス違いを一応表にまとめてみた。
    分類/ イントロリフが4拍 イントロリフが6拍 I'm Crying~Yellow matterが一小節長い。 I'm Crying~Yellow matterが一小節短い。
    Ver.A 2009モノボックス
    EPコレクションCD(モノラル)
       
    Ver.B 2009ステレオリマスター
    EPコレクションCD(ステレオ)
       
    Ver.C 米国盤「Rarities」    
    Ver.D アナログモノラル盤など(日、英)    
    Ver.E モノラルシングル(米)    
  2. The Beatles Anthology 2」に1967年9月5日、第16テイクが収録されている。
    エレピ、ドラム、ギター、タンバリンの編成。ポールがタンバリンを振っているんだろうか?この時期はポールのベースは全て後からオーバーダブされているので、そうかもしれません。しかし、このテイクですでにジョンのボーカルは神憑り的ではある。。。。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. 難解な歌詞を持つこの曲ではあるが、これはルイス・キャロル作の物語『鏡の国のアリス』の「セイウチと大工」からとられたもので、歌詞の「Goo Goo Goo Joob」(または「Goo Goo g' Joob」)は「Good Job」とセイウチの鳴き声をかけたものと言われている。
    ジョンの書いた歌詞がジョンの母校の国語の授業で使われて、ジョンは「不思議なもんだね。勝手に解釈してそんな風になるなんて捨てたもんじゃないな」的な発言を残している。
    「それならこれを使えるもんなら使ってみろ」的な気持ちもあってこの曲の不可解な歌詞を書いたのかも?
  2. オアシスによるカバーは同じイギリス勢の後輩として、なかなか微笑ましい出来である。日本でもレッド・ウォリアーズがカバーバージョンをリリースしている。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表