ザ・ビートルズ楽曲データベース

From me to you

邦題
フロム・ミー・トゥ・ユー
作者
Lennon/McCartney(二人の共作)
リードヴォーカル / コーラス
ポール、ジョン / -
使用楽器
  • Rickenbacker 325(John)
  • Hofner Bass (Paul)
  • Gretch DUO JET (George)
  • Premier (Ringo)
  • Harmonica (John)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での3枚目のオリジナルシングル。カップリングは「サンキュー・ガール」。
1963年4月12日に発売された。
全編、ジョンとポールのデュエットで歌われている。

各オリジナルアルバムには未収録のために、編集盤「パスト・マスターズ」に収録されている。

この曲は1963年3月5日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。

基本的にこの曲は全部で7テイク録音されており、完全に最後まで演奏されたテイクは2,3,4,5,7テイク。
第5テイクで初めて中間部分の間奏が足されて、最後の第7テイクに以下のオーバーダブを施す。
(2トラック録音なのでプレイバックを流しながら別のレコーダーに録音し各テイクを保存 )

  1. テイク8でジョンがイントロと間奏部分にハーモニカを録音
  2. テイク9はジョンのハーモニカの間奏部分のやり直しと、エンディングにもハーモニカを足すはずだったが、ジョンが演奏するのを忘れてしまう。
  3. テイク10でジョンが最終部分にハーモニカを録音する。
  4. テイク11ではイントロに「ダダダーダダ」のハミングを録音する。
  5. テイク12ではイントロにコーラス(ユニゾンなのでダブルトラックか?)を録音する。
  6. テイク13ではジョンがオクターブ上のコーラスを重ねる。

そして、編集でイントロをテイク12、間奏までをテイク8、間奏部分をテイク9、それ以降をテイク10とつなぎ合わせて完成に至った。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. ステレオとモノラルではイントロのミックスが異なる。
    モノラルではイントロのメロディーとユニゾンでハーモニカが聞こえるが、ステレオではカットされている。
  2. The Beatles Live at BBC」に歌詞を変えた「From us to You」が収録されている。
    これは当時ビートルズが出演していたラジオ番組「From us To You」にちなんで録音されたもの。
    もちろんラジオ番組のテーマ曲として使用されている。
  3. 2013年12月17日にiTunes Store限定で配信開始された「The Beatles Bootleg Recordings 1963」にテイク1&2、そしてテイク5が収録されている。
    テイク1はイントロのフレーズがジョージにより演奏されており、2回目の「Just Call on me」の歌詞が「So Call on me」となっている。テイク1はソロに行く前に中座。
    これはギターの弦をこすった時に出るスクラッチノイズをポールが調整室からの中断の合図(ホイッスル)と聞き違えたために演奏を止めたらしい。
    続くテイク2は最後まで演奏されているものの、中間部分のソロがまだないしエンディングもバラけている。
    テイク5では中間部分に間奏(後でハーモニカを足す事が決まっていたのかフレーズ部分は空になっている)が足されているがまだハーモニカは入っていない。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲は録音の5日前、ビートルズがヘレン・シャピロとのツアー中にバスの中で書いた物である。
    当初は「あまりにもブルージー過ぎる」のでシングルにはどうか?という事だったが、ハーモニカなどを加えてアレンジした結果、これならよかろう、とシングルにしたそうだ。もちろんチャートの1位を獲得している。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表