ザ・ビートルズ楽曲データベース

And Your Bird Can Sing

邦題
アンド・ユア・バード・キャン・シング
作者
Lennon/McCartney(ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ジョージ、ポール
使用楽器
  • Epiphone Casino (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Gibson SG (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Hand Clap
  • Tambourine

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での7枚目にあたるオリジナルアルバム「リボルバー 」の9曲目に収録されたツインリードギターが印象的なロックナンバー。作者のジョンがリード・ヴォーカルをとり、ポール、ジョージがコーラスを付けている。

前アルバム「ラバー・ソウル」のレコーディング・セッションから半年の充電期間を経て開始されたこのアルバムのセッションは、さまざまな実験が盛り込まれて進行した。そのおかげなのか、このアルバムの収録曲がライブで演奏されることはなかった。もはやビートルズの録音物は当時の機材、そして4人という人数で再現は難しくなっていたのだ。

この曲は1966年4月20日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音が開始された。
この日は「タックスマン」も取り上げられている。
まずこの曲は2テイク録音されて、その内の第2テイクに数々のヴォーカルやタンバリン、ベースなどをオーバーダビングしたものの、歌ってる途中でジョンとポールが笑い出してしまっているテイクもあった。

そして1966年4月26日。ビートルズはこの曲のリメイクを開始。
第13テイクまで録音して、聞き返してみると第10テイクが最も出来がよかったため、これにオーバーダブを開始

但し、エンディング部分は第6テイクが一番出来が良かったために、
後日のミックスダウン時に第10テイクに継ぎ足し編集されてこの曲は完成に至った。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Anthology 2」に1966年4月20日に破棄されたテイク2が収録されている。ジョンとポールが歌いながらけたたましく笑い出す所が収録されており、聴いててとてもほほえましい。
    エンディングに入る瞬間のポールのベースがスリリングでかっこいい! 

An anecdote ~ こぼれ話

特になし

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表