ザ・ビートルズ楽曲データベース

Why Don't We Do It in the Road?

邦題
ホワイ・ドント・ウィー・ドゥー・イット・イン・ザ・ロード
作者
Lennon/McCartney (ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / -
使用楽器
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (Paul)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Epiphone Casino (Paul)
  • Hand Clap

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの本国9枚目のオリジナルアルバム、そして唯一の2枚組アルバムの「ザ・ビートルズ」 (通称:ホワイト・アルバム)のDisc1、15曲目に収められたのナンバー。
作者のポールがほとんどの楽器を演奏し、リードヴォーカルも取っている。なおリンゴも録音には参加している。

1968年、ビートルズはシングル「レディ・マドンナ」を録音し終えた後、2月15日から3月の末までにインドに滞在した。
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの元で瞑想修行をするためである。
このインド滞在中にかなりの曲を書きためたビートルズは4月に帰国後、5月30日の「レボリューション1」を始めにこのアルバムのセッションを開始した。
最終的に曲は32曲録音されたが、ジョージ・マーティンは「クォリティを高めるために1枚に絞り込むべきだ」と主張。
ビートルズ側はこれを聞き入れずに最終的に30曲入りの2枚組として発売したのである。

各自の音楽家としての成長、それと共に育つエゴとプライド。
そしてセッション途中からの8トラックレコーディングの導入が、それぞれの個人作業を容易にしてしまった。
5月14日にはビートルズ自身のレコード会社「アップル」設立を発表。
ブライアン・エプスタイン不在の中、ビートルズはまったく未経験のビジネスに身を投じストレスを溜め込み始める。
お互いがお互いを助け合っていた4人のバランスが、このセッションより微妙に狂い始めたのだった。

この曲が録音開始されたのは1968年10月9日。アビイ・ロード第1スタジオ。
この日は「ロング・ロング・ロング」の追加録音(ポールのコーラスなど)や
ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル」のミキシングが第2スタジオで行われていたが、
その合間をぬってポールが第1スタジオでアコギと歌だけで5テイクを録音。
当初は「最初は静かに徐々に荒々しく」というコンセプトで第4テイクまで録音したが、
第5テイクで全て荒々しい歌い方に変えた。
その第5テイクにピアノをオーバーダブする。

翌日の1968年10月10日。アビイ・ロード第3スタジオ。
この日、第2スタジオでは「ピッギーズ」のストリングスのオーバーダブセッションが行われていたが
リンゴを伴って第3スタジオに入ったポールは、ヴォーカル、手拍子、ベース、そしてリンゴのドラムを録音。
これをリダクションして第6テイクを作成して、ポールのギターを録音。

この曲はこれで完成に至る。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. ステレオでは歌が始まるまでのイントロ部分に手拍子(ハンドクラップ)がミックスされているが、モノラル盤ではカットされている。
  2. The Beatles Anthology 3」に、10月9日の第4テイクが収録されている。
    アコギ1本でおとなしく歌ったり荒々しく歌ったりを繰り返すポール。
    しかしこの次のテイクでは、もう完成型になっているというわけなので・・・・すごいなあ。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲はインドで書かれた曲だが、そのきっかけは「道ばたでサルが交尾していた」のを見たからだそうだw
    「サルですら道ばたでヤってんのに、なんで人間はヤらないんだ?」という感じなんだろうか。
    どっちにせよ、そういうセクシャルな意味で当時のファンはとらえていたそうである。
  2. ジョンは「オレが歌った方が絶対によかったはず」と発言している。
    また1980年のインタビューでは「ポールが別の所でコソコソ録音したりするのは非常に気分が悪かった」とも。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表