ザ・ビートルズ楽曲データベース

Kansas City-Hey, Hey, Hey, Hey

邦題
カンサス・シティ~ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ
作者
Jerry Leiber and Mike Stoller / Richard Penniman(ジェリー・リーバー&マイク・ストーラー/リトル・リチャード)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ジョン、ジョージ
使用楽器
  • Rickenbacker 325(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gretch Tennessean (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (George Martin)
  • Clap

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での4枚目にあたるオリジナルアルバム「ビートルズ・フォー・セール」の7曲目に収録された、ロックンロールナンバーである。
ビートルズは「年にアルバム2枚」の契約をこなすために、前作「ハード・デイズ・ナイト」の発売一ヶ月後から、このアルバムのセッションに取りかかっている。
ポールがリードをとり、ジョンとジョージがコーラスでサポートしている。

この曲は元々リトル・ウィリー・リトルフィールドの楽曲「K.C.ラヴィング」を、ウィルバート・ハリスンが「カンサス・シティ」としヒットさせた楽曲で、その後リトル・リチャードがこの曲に自作曲の「ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ」とメドレー形式にて録音して発表。
ビートルズはこのリトル・リチャードバージョンをカバー、デビュー前のハンブルグ時代から演奏していた。

この曲は1964年10月18日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
ビートルズはこの日だけで7曲(シングル、「アイ・フィール・ファイン」を含む)を録音している。

ジョージ・マーティンがピアノで加わって、同時に演奏して2テイク録音。
第1テイクの方がはるかに出来が良かったために、こちらを採用した。
ハンドクラップはオーバーダブによるもの。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. モノラル盤はステレオ盤と比べて、多少フェイドアウトが早い。
  2. The Beatles Anthology 1」に1964年10月18日のテイク2が収録されている。
    このテイクではピアノが聞こえない。。もしかしてテイク1も後からオーバーダブしたのか?
    それともピアノなしでもやってみたんだろうか・・・
  3. The Beatles Live at BBC」にBBCセッションでの演奏が収められている。
    ジョージがイントロのギターを思いっきりトチっているw

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲は後の「ゲット・バック・セッション」でも演奏されて、映画「レット・イット・ビー」にも演奏シーンが収録されているが、やはりというかだらけた演奏である。
    こちらはどちらかというと原曲「K.C. Loving」に近い形で歌われており、そのまま「Lawdy Miss Clawdy」にメドレー形式でつながっていく。ラストのポールのピアノがなんかイヤな感じなので必見w

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表