ザ・ビートルズ楽曲データベース

I'm So Tired

邦題
アイム・ソー・タイアード
作者
Lennon/McCartney (ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ポール
使用楽器
  • Gibson J-160E (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Ludwig (Ringo)
  • Fender Stratocaster (George)
  • Gibson Les Paul(George)
  • Hammond Organ (John)
  • Electric Piano (Paul)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの本国9枚目のオリジナルアルバム、そして唯一の2枚組アルバムの「ザ・ビートルズ」 (通称:ホワイト・アルバム)のDisc1、10曲目に収められたナンバー。
作者のジョンがリード・ヴォーカルをとり、ポールがコーラスを付けている。

1968年、ビートルズはシングル「レディ・マドンナ」を録音し終えた後、2月15日から3月の末までにインドに滞在した。
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの元で瞑想修行をするためである。
このインド滞在中にかなりの曲を書きためたビートルズは4月に帰国後、5月30日の「レボリューション1」を始めにこのアルバムのセッションを開始した。
最終的に曲は32曲録音されたが、ジョージ・マーティンは「クォリティを高めるために1枚に絞り込むべきだ」と主張。
ビートルズ側はこれを聞き入れずに最終的に30曲入りの2枚組として発売したのである。

各自の音楽家としての成長、それと共に育つエゴとプライド。
そしてセッション途中からの8トラックレコーディングの導入が、それぞれの個人作業を容易にしてしまった。
5月14日にはビートルズ自身のレコード会社「アップル」設立を発表。
ブライアン・エプスタイン不在の中、ビートルズはまったく未経験のビジネスに身を投じストレスを溜め込み始める。
お互いがお互いを助け合っていた4人のバランスが、このセッションより微妙に狂い始めたのだった。

この曲が録音されたのは1968年10月8日。アビイ・ロード第2スタジオ。
すでにアビイ・ロードにも8トラックレコーダーが導入され、この曲は一度もリダクションを行わずに終了。

というトラックシートらしい。
全部で14テイク録音されて、オーバーダビングを施してこの曲は完成した。
なお、この曲の録音の後に「ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル」の録音が行われた。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. 最初のサビ「You say~」部分のポールのコーラスが、モノラル盤ではかなり大きくミックスされている。
  2. The Beatles Anthology 3」に、第3、第6、第9テイクの良いところをつなぎ合わせたバージョンが収録されている。シングルトラックで歌われるジョンのボーカルは寒気がするほどカッコイイ!!!
    また演奏もシンプルな3ピース演奏でジョージのプレイも渋いです。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲はインドでの修行中に書かれているが、この時ジョンは不眠症に悩まされていたそうな。
    歌の内容は明らかにオノ・ヨーコに対しての想いを歌っているものだが、まだジョンはシンシアと法的には離婚しておらず、またヨーコも前夫とは法的に離婚していなかった。
    なんやかんやと口実をつけてヨーコをインドに連れて行こうとしていたジョンだが、それはかなわず、急に規則正しい生活に放り込まれ、精神講義を延々聞かされ不眠症になったおかげでこの曲が生まれたのかも知れない。
  2. 歌詞に出てくる、Sir Walter Raleighはイギリスにタバコを広めたウォルター・ローリー卿の事である。
    インドの修行中、もしかしてタバコが手に入らなくて、「ローリー卿の大馬鹿野郎め、呪ってやる」という歌詞になったんだろうかw

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表