ザ・ビートルズ楽曲データベース

Her Majesty

邦題
ハー・マジェスティー
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / -
使用楽器
  • Martin D-28 (Paul)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの11枚目の英国オリジナルアルバム「アビイ・ロード 」の17曲目に収められているナンバー。
このアルバムは1969年9月26日に発売された。
作者のポールがギターでの弾き語りでリード・ヴォーカルをとっている。
前の曲の「ジ・エンド」から20秒ほどのブランクを経て、この曲が収録されている。(理由は後述)

運命の1969年。年が明けてすぐの1月2日。ビートルズはトゥイッケナム・フィルム・スタジオに姿を現した。
混沌とする活動状況を打破する為に、ポールが打ち出したのは「原点に帰る」というコンセプトだった。
デビュー以来の、全世界をコンサートで飛び回っていたあの頃に帰る、という事。
オーバーダブなどしなかった(出来なかった)あの頃に・・・・!

ポールはコンサートツアーの再開を提案したが、他の3人は難色を示す。
妥協案として1度だけのコンサートも企画されたが、これも結局流れてしまった。
最終的にリハーサルなどを含むドキュメンタリーを制作しテレビで放送する、という事で合意した4人は
このフィルムスタジオでリハーサルを開始した。「ゲット・バック(原点に帰る)・セッション」の始まりである。

しかし、いつも撮影されているというプレッシャー、そして薄ら寒いだけの撮影スタジオという慣れぬ環境。
張り切るポールはあれやこれやとジョージに指示、ジョージはそれに反発して口論となり
5ヶ月前にリンゴがしたように、1月10日にスタジオを飛び出してしまう。
数日後にジョージは復帰するが、テレビショウに関しては意見を曲げず、結局この企画は流れてしまう。
映像撮影、そして「オーバーダブをやらない」というコンセプトのアルバム制作は続行されるものの
1969年1月30日のルーフトップ・コンサート、そして翌日のセッションをもってこのプロジェクトを放棄。
総時間、90時間以上の撮影・録音テープを残したまま、ビートルズはアップルスタジオを去ったのだった。
後にこの撮影テープは映画「レット・イット・ビー」となり、
録音物はフィル・スペクターの手によってアルバム「レット・イット・ビー」としてまとめられ、
ビートルズのラスト・アルバムとして翌年の1970年5月8日に発売される。

あの苦しいセッションが終了してしばらく経った頃。ポールはジョージ・マーティンに電話をかけた。
「もう一枚アルバムを作ろうと思うんだけど、またプロデュースしてくれないかな?本当の意味でね。」
マーティンは「本当に昔の様にできるならいいけど、そうじゃないなら断るよ。」と応え、これを了承した。
4人はすでにバラバラになっているにも関わらず、再びアビイ・ロードスタジオに集結する。
・・・・・・・最後の奇跡を形にするために。

この曲が録音されたのは1969年7月2日。アビイ・ロード第2スタジオ。
ポールは当時、アビイ・ロードスタジオから歩いてすぐの所に住んでおり、
この日も他のメンバーよりも早くスタジオに到着した。
アコースティック・ギターでの弾き語りでこの曲を3テイク録音する。
8トラックの内の2トラック(ギター、歌)の簡単なレコーディングであった。

この曲はこれで完成に至る。

1969年7月30日。アビイ・ロード第2スタジオ。
この日、後半メドレー部分の仮ミックスが行われたのだが、
この時点でこの曲は「ミーン・ミスター・マスタード」と「ポリシーン・パン」の間に収録されていたのである。
使用されたのは第3テイク。
プレイバックを聞いたポールは「ハー・マジェスティはいらないから省いてくれていいよ」とエンジニアに指示。
そしてエンジニアがテープをカットして「この切った分どうします?」とポールに聞くと、
ポールは「捨てちゃえ」と発言。

しかし「ビートルズに関するどんな物も捨ててはならない」という決まりがあったために
エンジニアはテープの頭に20秒ぐらいの無音テープを継ぎ足して、編集したリミックスの一番最後に足した。
そしてそのままサンプルのラッカー盤が制作されたのである。

多分、ポールはこのラッカー盤を聞いて、「ああオマケみたいで悪くないな」という判断をしたのであろう。

この曲の頭に「ジャン!」という音が入っているのは実は「ミーン・ミスター・マスタード」のエンディング音なのである。
そして最後が尻切れになっているのも、次のコードが「ポリシーン・パン」のイントロ部分だからである。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. このオマケと言える小曲だが、けっこう内容は強烈で、エリザベス女王を小馬鹿にした歌詞なのだ。
    「女王様はカワイイ娘、しかしあまり喋らない。(大した意見を持ってない、との意味もある)
    女王様はカワイイ娘、そして気分屋さん。(言う事もコロコロ変わる、という意味もある。)
    愛してるって言いたいけど、ワインでもガブ呑みしないと言えそうもないな。
    女王様はカワイイ娘。いつか僕の物にしてみせるんだ」
    もちろん発表当時は歌詞も掲載されず、それはおろか曲名さえ書いてなかったそうだ。
    日本でたとえると「カワイイ愛子ちゃん」って歌うみたいなうわなにをすdそどfぽf::;:f;s::
  2. 2002年。ポールは事もあろうにエリザベス女王が見に来ているコンサートでこの曲をやってしまったww
    その時のエリザベス女王の顔は、これ以上ない、というぐらいの不快な表情をしてはりました。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表