ザ・ビートルズ楽曲データベース

Yellow Submarine

邦題
イエロー・サブマリン
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
リンゴ / ジョン、ポール、ジョージ
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Tambourine(George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Brass
  • Flute

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での7枚目にあたるオリジナルアルバム「リボルバー 」の6曲目に収録されたナンバー。ポールの作った曲(作詞でドノヴァンが手伝った)をリンゴが歌い、全員でコーラスを付けている。

英国での13枚目のオリジナルシングルとしてもリリースされ、イギリスチャート1位を獲得した。
カップリングは両A面扱い(本国のみ)の「エリナー・リグビー」。
なお、リンゴのヴォーカル曲がシングルになるのは英国では最初で、そしてこれが最後となった。

後にビートルズを題材にしたアニメ映画「イエロー・サブマリン」の主題歌に起用され、サウンドトラックアルバム「イエロー・サブマリン」に再収録された。
1999年にはビートルズ初のリミックス・アルバム「イエロー・サブマリン~ソングトラック~」が発売されたが、そこにもリミックスバージョンが収録されている。

前アルバム「ラバー・ソウル」のレコーディング・セッションから半年の充電期間を経て開始されたこのアルバムのセッションは、さまざまな実験が盛り込まれて進行した。そのおかげなのか、このアルバムの収録曲がライブで演奏されることはなかった。もはやビートルズの録音物は当時の機材、そして4人という人数で再現は難しくなっていたのだ。

この曲はまず1966年5月26日、アビイ・ロード第3スタジオにて録音が開始された。
この日はジョージ・マーティンは食中毒で欠席。代わりに彼の奥さんが来ていたとかw
全部で4テイク録音して、ベストテイクの第4テイクにヴォーカルとコーラスを録音。
そしてサウンド・エフェクトのオーバーダブに備えて、トラックを一つにまとめた。これが第5テイクになる。
ちなみにこの時点ではイントロとエンディングがちゃんと存在していた。

1966年6月1日にアビイ・ロード第2スタジオにてサウンド・エフェクトの作成、そしてオーバーダブセッションが行われた。
スタジオスタッフ総出で物置からガラクタを引っ張り出して、様々な音が録音され、またビートルズのメンバーも友人をたくさん呼んで来ていた。(ミック・ジャガー、マリアンヌ・フェイスフル、パティ・ハリスン(当時のジョージ嫁、後のいとしのレイラ)など)

ジョンの奇妙な叫び声はエコールームの中で叫んだものらしい。
また、イントロにリンゴの語りを含めた導入部分を作成(最も時間がかかった)したが、リリース時には根こそぎカットされてしまった。

サビ部分の合唱はそこにいたゲスト全員で録音されている。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. ステレオとモノラルでは以下の違いがある。
    • イントロのアコースティックギターの入る場所が違う。モノラルでは最初の「in the」の一発目にギターが入っているが、ステレオでは「town」からギターが入ってくる。
    • ジョンの歌詞に対する掛け合いがモノラルでは一回早く入ってくる。
  2. アンソロジープロジェクトの第二弾シングル「リアル・ラヴ」のカップリングとして、冒頭の語り部分を含めたこの曲が収録されている。これは各アンソロジーアルバムには未収録である。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. 日本ではカバー作品として怪作「イエロー・サブマリン音頭」が存在する。
    これは金沢明子の16枚目のシングルで、プロデュースはやはりというか大瀧詠一御大(笑)
    コーラスには伊藤銀次、杉真理、佐野元春とナイアガラ勢揃いで、あの松武秀樹(4人目のYMOと言われたマニピュレーター)も参加している。
    ビートルズの楽曲は著作権の関係で歌詞の変更が認められなかったのだが、この曲を聴いた(!)ポールは歌詞変更をしても良いと認めてしまったのである!!!
    ちなみに金沢明子の次のシングルは「タケちゃんマン音頭」だったので、こっから何かを間違えてしまったのかも知れない。。。

    ちなみに管理人はビートルズより先に「イエローサブマリン音頭」を聞いてしまったクチです。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表