ザ・ビートルズ楽曲データベース

She's a Woman

邦題
シーズ・ア・ウーマン
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / -
使用楽器
  • Rickenbacker 325 (John)
  • Hofner Bass (Paul)
  • Gretch Tennessean (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (Paul)
  • Chocalho (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での8枚目のオリジナルシングル「アイ・フィール・ファイン」のカップリング曲。
このシングルは英国では1964年11月27日に発売された。
作者のポールが所々ダブルトラックでリード・ヴォーカルを取っている。

各オリジナルアルバムには未収録のために、編集盤「パスト・マスターズ」に収録されている。

この曲が録音されたのは1964年10月8日。アビイ・ロード第2スタジオ。
4枚目のアルバム「ビートルズ・フォー・セール」のセッション中の事である。
比較的シンプルな構成のこの曲は全部で7テイク録音され、第6テイクがベストに選ばれた。
ポールはピアノをこれにオーバーダビングし、リンゴはチョカルホというパーカッションを加えた。
また、ジョージもギターソロを2回重ねている模様。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. この曲のステレオバージョンは当時なかなか入手できなかった。(現在では簡単に入手できる)
    結局、解散後の1980年に発売された「リヴァプールより愛を込めて ザ・ビートルズ・ボックス」までリリースされなかった。
    また、アメリカ盤「The Betales 65」に収められているバージョンはフェイドアウトがかなり早い。
  2. 「The Beatles EP Collection」に付いていたオマケEPに収録されているこの曲は冒頭にポールの「One,two,Three,Four!」のカウントが入っている。
    このEPコレクションは後年、CDで限定発売されているのでなんとかこのバージョンはCDで入手可能。
    The Beatles Compact Disc E.P. Collection
  3. The Beatles Live at BBC」にはBBCセッションでの演奏が収められている。
    これはライブ演奏ではなくポールのボーカル、リンゴのマラカスがオーバーダブされている。
  4. The Beatles Anthology 2 」に1966年6月30日に行われた日本公演でのライブバージョンが収められている。
    日本公演中、この日のみ半音下げチューニングで演奏が行われているために、キーは半音低くなっている。
  5. 2016年9月9日発売の「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 」(アナログのみで発売されていた公式ライブ盤「ザ・ビートルズ・スーパー・ライブ!」のCD化)にこの曲のライブバージョンが収録されている。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ステレオバージョンでは左側に位置するジョンのギターカッティングだが、コード間違える、空振りするなどやりたい放題である。ただし、7thの音をチョーキングしてみる等の小技も聴ける。
    第6テイクがベストと判断されたらしいが、他のテイクの方がジョンのギターは安定してそうであるw
  2. カバーバージョンではジェフ・ベックのアルバム「ブロウ・バイ・ブロウ 」に収録された物が有名。
    トーキング・モジュレーターを使ったギターの音がシブイ。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表