ザ・ビートルズ楽曲データベース

Yes it is

邦題
イエス・イット・イズ
作者
Lennon-McCartney(ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ポール、ジョージ
使用楽器
  • Classical Guitar(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Gretch Country Gentleman (George)
  • Ludwig(Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での9枚目のオリジナルシングルである「涙の乗車券」のカップリング曲。
このシングルは英国では1965年4月9日に発売された。
作者のジョンが所々ソロを取り、3人が複雑なコーラスワークをこなしている。

各オリジナルアルバムには未収録のために、現在では編集盤「パスト・マスターズ」に収録されている。

この曲が録音されたのは1965年2月16日。アビイ・ロード第2スタジオ。
5枚目のアルバム「ヘルプ! 」のセッション中の事である。

まずリズムトラックを14テイク録音し、第14テイクに3人が共にコーラスを吹き込んだ。
このレコーディングには約5時間が費やされている。

ジョージはこの日に「アイ・ニード・ユー」のヴォリューム奏法によるギターをオーバーダブしている。
そのせいなのか、この曲でもとても印象的なヴォリューム奏法のギターをプレイしている。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Anthology 2」に第2テイクと最終リリース版が繋げられた物が収録されている。
    これによりジョンは仮歌としてヴォーカルを録音していた事と、ジョージがすでに最初からヴォリューム奏法を試みていた事がわかる。
    しかし、第2テイクではジョンのギターが明らかにJ-160Eの音なんだが、クロスフェイドして現れる最終リリースした物(第14テイク)のギターの音色がガット・ギター(クラシックなどで使用されるナイロン弦を張ったもの)になっている。
    ブートレッグで聞ける物ではどうやら第3テイクからガット・ギターに変更しているようだ。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ビートルズで最も複雑なコーラスワークと言われるこの曲だが、ハーモニーの修正にはジョージ・マーティンが大きく貢献しているそうだ。
  2. ジョンは「『ジス・ボーイ』を書き直そうとして失敗した。この曲は嫌いだ。」と例の如くの発言をしているが、そういう曲に限って我々ファンが好きな曲が多いのも事実であるw

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表