ザ・ビートルズ楽曲データベース

If I Fell

邦題
恋におちたら
作者
Lennon/McCartney(実質はジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン、ポール / -
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Rickenbacker 360-12 (George)
  • Ludwig (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での3枚目、そして初主演映画のサウンドトラックアルバムでもある「ハード・デイズ・ナイト」の3曲目に収録されているミディアムスローナンバーである。
映画ではリハーサルシーンで演奏されていた。
ジョンのソロヴォーカルでイントロが歌われ、その後はジョンとポールが絶妙のハーモニーを聴かせてくれる。

アメリカでは「And I Love Her」とのカップリングでシングルリリースされた。

この曲は1964年2月27日に、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
ジョンとポールの要望で、この曲のヴォーカル録音は1台のマイクで行われたそうである。

全部で15テイクが録音されたが、録音の過程でアレンジにかなり修正が加えられた。
第3テイクからドラムがヘヴィーになり、第11テイクではオープニングにジョンのアコースティックギター(冒頭にしか出てこないあのメロディーはもしかしてここで付け加えられた?)と、ジョージのエンディングギターが追加されたそうである。

14テイク終了後にジョンは「ケツがモゾモゾするぜ」としゃべったとか。

最終的には第15テイクが採用された。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. この曲もステレオとモノラルでの違いが激しい。
    まずイントロのジョンのボーカル部分だが、モノラルではシングルトラックなのに対して、ステレオはダブルトラックになっている。ステレオ版では「'Cause I've been in love before (and) I found that love was more」のandの歌詞がズレている。モノラル版ではこの遅れたほうのトラックのみが収録されている。

    また2回目のサビの最後、「would be sad if our new love, was in vain」のポールのコーラスがステレオ版では途切れて息切れしている様に聞こえるのに対して、モノラル版ではきれいにつながっている。
    1台のマイクを使って録音したはずなので、これはミックス時に何らかの手違いで消去してしまったのだろうか?

    管理人は最初、ステレオに親しんでいたのでモノラルを聴いたときはすごく違和感があった。
    今ではシングルトラック派なのでモノラルが好きですw
    これも2009年のステレオ・リマスター、そして限定モノボックスにそれぞれ収められている。

An anecdote ~ こぼれ話

特になし

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表