ザ・ビートルズ楽曲データベース

Savoy Truffle

邦題
サボイ・トラッフル
作者
Harrison (ジョージの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョージ / ポール
使用楽器
  • Fender Stratocaster(George)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Ludwig (Ringo)
  • Horner Pianet Combo (Paul)
  • Hammond Organ (Chris Thomas?)
  • Tambourine
  • Conga
  • Brass Sections

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの本国9枚目のオリジナルアルバム、そして唯一の2枚組アルバムの「ザ・ビートルズ」 (通称:ホワイト・アルバム)のDisc2、10曲目に収められたブラス・ロックナンバー。作者のジョージがリード・ヴォーカルをとり、ポールがコーラスをつけている。
この曲のレコーディングにもジョンは参加していない。

1968年、ビートルズはシングル「レディ・マドンナ」を録音し終えた後、2月15日から3月の末までにインドに滞在した。
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの元で瞑想修行をするためである。
このインド滞在中にかなりの曲を書きためたビートルズは4月に帰国後、5月30日の「レボリューション1」を始めにこのアルバムのセッションを開始した。
最終的に曲は32曲録音されたが、ジョージ・マーティンは「クォリティを高めるために1枚に絞り込むべきだ」と主張。
ビートルズ側はこれを聞き入れずに最終的に30曲入りの2枚組として発売したのである。

各自の音楽家としての成長、それと共に育つエゴとプライド。
そしてセッション途中からの8トラックレコーディングの導入が、それぞれの個人作業を容易にしてしまった。
5月14日にはビートルズ自身のレコード会社「アップル」設立を発表。
ブライアン・エプスタイン不在の中、ビートルズはまったく未経験のビジネスに身を投じストレスを溜め込み始める。
お互いがお互いを助け合っていた4人のバランスが、このセッションより微妙に狂い始めたのだった。

この曲が録音開始されたのは1968年10月3日。ロンドンのトライデント・スタジオ。
この日はドラム、ベース、ギターの3人でベーシックトラックを作成。
トライデント・スタジオでの表記による違いか、このテイクも「ハニー・パイ」と同じく第1テイクとなっている。

翌日の1968年10月5日。トライデント・スタジオ。
ポールのベース、そしてジョージのヴォーカルをオーバーダブ。

1968年10月11日。アビイ・ロード第2スタジオ。
この曲のホーンセクションがオーバーダブされたのだが、
ホーンアレンジスコアはクリス・トーマスによる物である。(この当時、若干21歳である)
ジョージ・マーティンはクリスにあえてこの曲のホーンアレンジを任せたそうだ。

このセッションに参加した外部ミュージシャンは6人。(サックス6人)
ジョージ・ハリスンはこのブラスの録音が終わった後、ディストーションを掛けて音を歪ませる事を提案。
6人のミュージシャンが自分たちの録音を聴きにコントロール・ルームに来た時にジョージは
「せっかくのプレイをこんな音に加工してしまって申し訳ない。でもこれが僕の欲しい音なんです。」と謝ったそうだ。

いい音を出したのにこういう加工をされたセッション・マン達はさすがにいい顔をしなかったが
クライアントの要望に応える事こそがプロと理解していたために何の問題も起こらなかった。

1968年10月14日。アビイ・ロード第2スタジオ。
このアルバムセッションにおいて、一番最後の録音作業(オーバーダブセッション)である。
リンゴはすでに曲順の決定やミキシングを他の3人に託して、2週間の休暇を取ってイタリアに行っている。
オルガン、タンバリン、ボンゴ、ギターなどをオーバーダビングしてこの曲は完成した。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. モノラルとステレオではオルガンのミックスが異なっている。
    モノラルではかなりオルガンがオフミックスされており、ほとんど聞こえない。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲の歌詞は、エリック・クラプトンがチョコレートの食べ過ぎで、歯を虫歯だらけにしていた事にインスパイアされて書かれている。当時、いかにエリックと仲がよかったかがわかるエピソードでもある。
    なお、歌詞に出てくる「グッド・ニューズ」は英国マッキントッシュ・フーヅ社のチョコレート詰め合わせの名前で、それ以外にもたくさんのチョコレートの種類が歌詞には登場する。

    また「We all know Obla-Di-Bla-Da But can you show me, where you are?」と「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」に触れた部分も登場している。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表