ザ・ビートルズ楽曲データベース

The Ballad of John and Yoko

邦題
ジョンとヨーコのバラード
作者
Lennon/McCartney(ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ポール
使用楽器
  • Gibson J-160E (John)
  • Epiphone Casino (Paul)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Ludwig (Paul)
  • Piano (Paul)
  • Maracas (Paul)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での20枚目のオリジナルシングルである。カップリング曲は「オールド・ブラウン・シュー」。
この曲はイギリスでは1969年5月30日に発売された。
まだ前シングル曲「ゲット・バック」のリリースから一ヶ月半しか経っておらず、
しかも「ゲット・バック」はいまだにチャート1位だった時期である。
作者のジョンがリード・ヴォーカルを取り、ポールがコーラスを付けている。

なお、この曲のレコーディングにはジョージとリンゴは参加していない。
リンゴは俳優として映画「マジック・クリスチャン」の撮影、ジョージは休暇でイギリスにいなかった為である。

各オリジナルアルバムには未収録のために、編集盤「パスト・マスターズ」に収録されている。

この曲が録音されたのは1969年4月14日。アビイ・ロード第3スタジオ。
まずはポール(ドラム)、ジョン(アコギ)でリズムトラックを11テイク録音した。
この頃は「ゲット・バック・セッション」の中断、そしてアップルの経営難などで口論が絶えなかった、というグループ状態ではあったが、この日のセッションテープには
ジョン「もう少しテンポを上げてくれないかリンゴ!(とドラムのポールに呼びかける)」
ポール「OK、ジョージ!(とギターのジョンに呼びかける)」というユーモア溢れる会話が残っているそうだ。

ベストテイクは第10テイク。
この後、ジョンはキーを上げて(EからGに2音。カラオケで言うと+4w)録音を1度だけ試みている。

その第10テイクに各楽器を手早くオーバーダブして、ステレオリミックスまで仕上げた。

なお、このシングルからはリミックスはステレオのみ、となった。
従ってこの曲は「初めてモノラルミックスが作られなかった曲」という事になる。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲は1969年3月20日に結婚したジョンとヨーコの結婚騒動を歌にしたものである。
    どうしてこの曲がビートルズ名義でリリースされたのかよくわからないんだが、1969年6月1日の「平和を我らに」のレコーディング(イベント「ベッド・イン」中)からジョンはプラスティック・オノ・バンド名義で実質ソロ活動を開始しているので、もしこの曲を録音する段階でプラスティック・オノ・バンドが存在していれば、そちらの名義でリリースしていたと思われる。
  2. この曲の歌詞の一部、「Christ! you know it ain't easy, You know how hard it can be. The way things are going They're gonna crucify me」の部分が問題となり、アメリカでは放送禁止になる所が相次いだ。
    この「Christ!」はもちろんキリストを指す言葉ともとれ、しかも「crucify」は「磔(はりつけ)」の意味もある事から、「キリストを磔にする」という意味に取られたからである。
    ポールは録音中から「こんな歌詞で大丈夫?」と心配してたそうだが、ジョンは押し切ったとか。
    レボリューション」の時はあんなに「仲間から外してくれ、いや入れてくれ」と曖昧にするほど悩んでいたのに、1年経てばこの強気であるww
    まあ、それがジョンの魅力といえばそうなんだけれども。
  3. この曲のエンディングのギターフレーズはジョニー・バーネット・トリオの「Lonesome Tears in my Eyes」から借用している。この曲はジョンのお気に入りで「The Beatles Live at BBC」にはジョンが歌ったこの曲が収録されている。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表