ザ・ビートルズ楽曲データベース

While My Guitar Gently Weeps

邦題
ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
作者
Harrison (ジョージの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョージ / ポール
使用楽器
  • Epiphone Casino (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Gibson J-200 (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (Paul)
  • Tambourine (Ringo)
  • Fender Bass VI (Paul)
  • Hammond Organ (George)
  • Gibson Les Paul (Eric Clapton)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの本国9枚目のオリジナルアルバム、そして唯一の2枚組アルバムの「ザ・ビートルズ」 (通称:ホワイト・アルバム)のDisc1、7曲目に収められたナンバー。
作者のジョージがリード・ヴォーカルをとり、ポールがコーラスを付けている。
この曲はギターソロでエリック・クラプトンが参加している。(しかしクレジットは変名だった。)

1968年、ビートルズはシングル「レディ・マドンナ」を録音し終えた後、2月15日から3月の末までにインドに滞在した。
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの元で瞑想修行をするためである。
このインド滞在中にかなりの曲を書きためたビートルズは4月に帰国後、5月30日の「レボリューション1」を始めにこのアルバムのセッションを開始した。
最終的に曲は32曲録音されたが、ジョージ・マーティンは「クォリティを高めるために1枚に絞り込むべきだ」と主張。
ビートルズ側はこれを聞き入れずに最終的に30曲入りの2枚組として発売したのである。

各自の音楽家としての成長、それと共に育つエゴとプライド。
そしてセッション途中からの8トラックレコーディングの導入が、それぞれの個人作業を容易にしてしまった。
5月14日にはビートルズ自身のレコード会社「アップル」設立を発表。
ブライアン・エプスタイン不在の中、ビートルズはまったく未経験のビジネスに身を投じストレスを溜め込み始める。
お互いがお互いを助け合っていた4人のバランスが、このセッションより微妙に狂い始めたのだった。

この曲が録音開始されたのは1968年7月25日。アビイ・ロード第2スタジオにて。
5月30日に始まったセッションだが、ジョージの曲が取り上げられたのは2ヶ月後のこの日が最初である。
しかしこの日はジョージのアコースティックギターと後半のオルガンのオーバーダブ(ポール?)のみの録音。
これはほとんどデモテープに近い状態である。便宜上これを第1テイクとする。

1968年8月16日。アビイ・ロード第2スタジオ。
この日はベース(ポール)、ドラム(リンゴ)、ジョージ(ギター)、ジョン(オルガン)の編成でリメイクを開始。
14テイクを録音したあと、リダクションを行って第15テイクを作成した。

1968年9月3日。アビイ・ロード第2スタジオ。
この日はビートルズ、そしてアビイ・ロードにとっても記念すべき日になった。
アビイ・ロードスタジオに8トラックレコーダーが導入されたのである。
ビートルズが最初に行ったのは、先日の第15テイクを8トラックテープに移し替える事だった。
これを第16テイクとして、ジョージ一人スタジオに残って「泣きのギター」を表現すべく、逆回転のギターソロを録音しようと色々と試みたのだが、結局この案は断念した。
なお、この時リンゴ・スターは未だ非公式にグループを脱退中であった。

1968年9月5日。アビイ・ロード第2スタジオ。
この日、アビイロードにリンゴが帰ってきた。ドラムセットは「おかえりリンゴ」とばかりに花で覆われていたそうだ。
8トラックに移し替えた先日の第16テイクにジョージのボーカル、マラカス、そしてギターをオーバーダブするも、この段階でジョージは「サウンドに納得がいかない」として今までのテイクを全て破棄。

ここで再リメイクを第17~第44テイクまで録音する。
ジョージはこのテイク番号に不服だったのか、第17テイクと告げる声に自分のマイクで「テイク1!」と返している。
この中の第25テイクがベストと判断されて、翌日にオーバーダブを施す事になった。

1968年9月6日。アビイ・ロード第2スタジオ。
ジョージは友人のエリック・クラプトンをスタジオに連れてきた。
ジョージはこの日、エリックの車に便乗してロンドンに向かっていたが、
この車の中でエリックに「レコーディングに参加してソロ弾かない?」と声をかけたそうである。
「ビ、ビートルズのセッションにオレが???ムリムリムリムリ!!」とエリックは断ったらしいがジョージは
「それがどうした?オレの曲でオレが弾いてくれとこのオレが頼んでるんだぞ。(脚色)」と返して、そのまま拉致ってきたらしいw

エリックはレスポールで素晴らしいソロをオーバーダブした。
スタジオのエンジニア達によると、エリックはすごく控えめだったそうだ。
彼の参加はグループに別の効果をもたらした。
他人が来ることによって、外面のいいジョンとポールは急にやる気になったそうである。
この日、ポールのベース、ジョージのオルガン、そしてボーカルとコーラスをオーバーダブして、この曲は完成した。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. ステレオ盤ではエンディングのギターソロ部分で「Oh,oh,oh」や「yeah,yeah,yeah」のボーカルが掛け合いのように聞こえるが、モノラル盤はこの部分はクラプトンのギターのみである。
    また、モノラルのこの部分のギターはフェイズ効果がかかっているが、これはクリス・トーマスがジョージから「あんまりクラプトンぽくしないでくれ」という注文を受け、ミキシングの際に手動でオシレーターを動かして作った物である。
    ステレオ盤のエンディング部分にはこの効果はない。

    ・・・どうも今回のモノラルCD化ではあまり違いが感じられないんだよなあ。
    モノラル盤の方がギターソロの音は太くて前にせり出しています。
  2. The Beatles Anthology 3」に、1968年7月25日のデモバージョンが収録されている。
    弾き語りに近い形で演奏されるこのバージョンはとても美しく、ホワイトアルバム収録の最終バージョンとはまるで違う表情を見せてくれる。

An anecdote ~ こぼれ話

特になし

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表