ザ・ビートルズ楽曲データベース

This Boy

邦題
ジス・ボーイ(発売当初は「こいつ」)
作者
Lennon/McCartney(二人の共作)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ポール、ジョージ
使用楽器
  • Gibson J-160E (John)
  • Hofner Bass (Paul)
  • Gretch Country Gentleman (George)
  • Ludwig (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での5枚目のオリジナルシングルである「抱きしめたい」のカップリング曲である。
このシングルは英国では1963年11月29日に発売された。
全編、ジョンとポール、ジョージの3部コーラスで歌われているが、サビの部分はジョンがリードを取っている。

各オリジナルアルバムには未収録のために、編集盤「パスト・マスターズ」に収録されている。

この曲が録音されたのは1963年10月17日。アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
ビートルズにとって初めての4トラックレコーディングである。
この曲も同日に録音された「抱きしめたい」と同じく第17テイクまで録音されており、第15テイクでバックトラックを仕上げて、第16、第17とコーラスのオーバーダビングを施している。

1963年10月21日にモノミキシングおよび編集がされている。
サビの後のAメロはおそらく切り貼りされていると思われる。

そして7枚目のアルバム「リボルバー」の発売後の1966年11月7日。
この曲はジョージ・マーティンにより再度ステレオリミックスされた。
このリミックスはビートルズ初のベストアルバム「オールディーズ(未CD化)」のためなのだが、スタッフが「バッド・ボーイ」と「ジス・ボーイ」を取り違えてしまい、アルバム「オールディーズ」に収録されるのはこの「ジス・ボーイ」と勘違いして、ステレオ・リミックスしてしまったのである。
オーストラリア盤のシングル「抱きしめたい」のB面に収められていたステレオバージョンはこれなのかも?

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. 各国盤でミックスの違いが存在している。
    CD化の際に音源統一された後ではステレオ・モノラル共に特に違いはない。
  2. The Beatles Anthology 1」に、ビートルズがテレビ番組「マーカム・アンド・ワイズ・ショー」に出演した時のテイクが収録されている。レコーディングは1963年12月2日、ATVスタジオである。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲はビートルズ活動中には英国でのアルバムに収録される事はなかった。
    しかし1978年に発売されたボックスセット「ビートルズ・コレクション」に付いていたアルバム「レアリティーズ」に収録された。このアルバムは後に単体でも発売されている。このアルバムに収められたのはモノラルバージョン。
    そして、1981年に発売された「The Beatles EP Collection」のオマケEPにようやくステレオバージョンが収録された。
  2. この曲のオーケストラ・アレンジバージョン(インスト)が「リンゴのテーマ」として映画「ア・ハード・デイズ・ナイト」で使用された。リンゴが一人で街をふらつく場面で効果的に使用されている。
    アメリカ盤の「ア・ハード・デイズ・ナイト」にこの「リンゴのテーマ」は収められており、また日本では単体でシングルカットされた。
    現在では未CD化のために入手は非常に困難である。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表