ザ・ビートルズ楽曲データベース

Honey Pie

邦題
ハニー・パイ
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / -
使用楽器
  • Epiphone Casino (John)
  • Fender Jazz Bass(George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (Paul)
  • Clarinet
  • Sax

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの本国9枚目のオリジナルアルバム、そして唯一の2枚組アルバムの「ザ・ビートルズ」 (通称:ホワイト・アルバム)のDisc2、9曲目に収められたジャズ調のナンバー。作者のポールがリード・ヴォーカルをとっている。

1968年、ビートルズはシングル「レディ・マドンナ」を録音し終えた後、2月15日から3月の末までにインドに滞在した。
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの元で瞑想修行をするためである。
このインド滞在中にかなりの曲を書きためたビートルズは4月に帰国後、5月30日の「レボリューション1」を始めにこのアルバムのセッションを開始した。
最終的に曲は32曲録音されたが、ジョージ・マーティンは「クォリティを高めるために1枚に絞り込むべきだ」と主張。
ビートルズ側はこれを聞き入れずに最終的に30曲入りの2枚組として発売したのである。

各自の音楽家としての成長、それと共に育つエゴとプライド。
そしてセッション途中からの8トラックレコーディングの導入が、それぞれの個人作業を容易にしてしまった。
5月14日にはビートルズ自身のレコード会社「アップル」設立を発表。
ブライアン・エプスタイン不在の中、ビートルズはまったく未経験のビジネスに身を投じストレスを溜め込み始める。
お互いがお互いを助け合っていた4人のバランスが、このセッションより微妙に狂い始めたのだった。

この曲が録音開始されたのは1968年10月1日。ロンドンのトライデント・スタジオ。
もうこの時期にはアビイ・ロードにも8トラックレコーダーが設置されていて、トライデントを使用するメリットはないのだが、ビートルズは「気分転換」のために、トライデント・スタジオを押さえたそうである。
リハーサルをしながら録音し、再度そのテイクを消して何度も録音しなおしたためにテイク番号は1になっている。
ピアノ(ポール)、ジョン(ギター)、ベース(ジョージ)、ドラム(リンゴ)のベーシックトラックは
簡単なミックスが作られて、ジョージ・マーティンがホーンアレンジをするために持ち帰った。

翌日の1968年10月2日。トライデント・スタジオ。
この日はポールのボーカルと、ジョンのリード・ギターを第1テイクにオーバーダブする。

1968年10月4日。トライデント・スタジオ。
この日は「マーサ・マイ・ディア」を録音した後に、この曲のホーンセクションがオーバーダブされた。
このセッションに参加した外部ミュージシャンは7人。(サックス5人、クラリネット2人)
そしてセッション終盤の夜中。
冒頭のボーカルにリミッターによるイコライジング処理を施し、古い蓄音機のノイズ音を追加した。

この曲はこれで完成に至る。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. モノラルとステレオでは間奏のギターソロのミックスが異なっている。
    モノラルの方が若干長くジョンのフレーズが聴けるが、ステレオではきっちり4小節でカットされている。
  2. The Beatles Anthology 3」に、このアルバムセッションに入る前の1968年5月にサリー州イーシャーにあるジョージの家で録音された、デモテープ(通称:イーシャーデモ)バージョンが収められている。
    アコギ2本とドラムで歌われるこのバージョンは、どちらかといえばカントリーに近く、聴き応えあり。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. 物語を書くのが得意なポールは、今回もこういう曲を書いた。
    ラヴリー・リタ」といい「エリナー・リグビー」といいこういう歌詞はまさにポールならではの物。
    アメリカに行って成功してしまったハニー・パイに対して「戻ってきてくれ」と懇願する男の歌である。
    このアルバムには「ワイルド・ハニー・パイ」という題名の似た曲があるが、中身はあまり関連がないそうだ。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表