ザ・ビートルズ楽曲データベース

Lucy in the Sky with Diamonds

邦題
ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ
作者
Lennon/McCartney(ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ジョージ、ポール
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Fender Stratocaster (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Organ with Organ Stop(Paul)
  • Piano (George Martin)
  • Tanpura (George)
  • Maracas(?)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での8枚目にあたるオリジナルアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の3曲目に収録されたナンバー。作者のジョンがリード・ヴォーカルをとり、ポールとジョージがコーラスをつけている。

後年のアニメ映画「イエロー・サブマリン」にも使用され、1999年にはビートルズ初のリミックス・アルバム「イエロー・サブマリン~ソングトラック~」が発売されたが、そこにもリミックスバージョンが収録されている。

1966年、ビートルズには様々な変化があった。
前アルバム「リボルバー 」のレコーディング・セッション終了後、ツアーに出たビートルズは1966年8月29日のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パークのステージを最後に一切のコンサート活動を停止する。
行く先々でのビートルマニアの熱狂、楽曲の再現の難しさ、そしてあちこちでのトラブルにメンバーは疲れ切っていた。この無意味とも思えるコンサート活動を停止すれば、レコーディングに専念できると考えたのだ。

デビュー以来、守り続けてきた「1年に2枚」のアルバム制作もこの年は初めて守られなかった。
その代わりに、クリスマスシーズン用に初のベストアルバム「オールディーズ」を発売。(未CD化)
11月24日からシングル「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の録音を皮切りに、「もうステージはやらない」と宣言したビートルズは「架空のバンドがショーをする」というコンセプトアルバムの制作を開始したのである。

この曲は1967年2月28日、アビイ・ロード第2スタジオにてまずリハーサルが開始された。
この頃になるとスタジオをいくら使用しても、たとえそれが夜中になろうとEMIは文句を言わなかったそうである。
スタジオではこの日、結局リハーサルのみに費やされ、録音テープが回ることはなかった。
ただしコントロール・ルームのエンジニアもそれに付き合わなければならず、かなりきつかったそうだ。

翌日の1967年3月1日。
最初の7テイクは、ピアノ、アコースティック・ギター、ハモンド・オルガン、ドラム、そしてマラカスの編成でリズム・トラックを仕上げる事に専念。
(編成として、ピアノ:マーティン卿、アコギ:ジョン、オルガン:ポール、ドラム:リンゴ、マラカス:ジョージかも?)
イントロのハープシコードに聞こえる音は、ポールが弾くハモンド・オルガンの音で「特殊なオルガン・ストップ」を使って録音されたそうである。
この時にジョンはガイド・ヴォーカルを録音している。リズム・トラックは第6テイクがベストとなる。
そして第7テイクではタンブーラ(これはジョージだろう)が導入されて、これをピンポンで1トラックにまとめる。

1967年3月2日。
この日にジョンのボーカルとポールのコーラスが2回録音されたが、2回とも微妙にテープ速度を変えて録音。
(位相の干渉を利用したフェイズ効果を出すためか?)
そして最後にジョージのリード・ギターとポールのベースが録音されて完成に至る。

このアルバムの曲にしてはリハを含めて合計3日で仕上がったスピード録音である。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. ステレオとモノラルでミックスの違いがある。
    • モノラル盤はジョンとポールの声がフェイザーをかけたような声になっている。これは回転を変えた2種類のボーカルをミックスして作ったものだからだろうか?
    • モノラル盤の方が若干フェイドアウトが早い。
    • ステレオ盤では「That grow so incredibly high.」の歌詞の直後に「high」というつぶやきが聞こえるがモノラル盤ではカットされている。
  2. The Beatles Anthology 2」に1967年3月1日の第7テイクが収録されている。
    このテイクで聞こえる楽器はイントロのオルガン(オルガン・ストップを利用して作られた音?)、ドラムス、マラカス、Bメロの左チャンネルにタンブーラ、そしてアコギ。
    サビに入ると左チャンネルにかすかにピアノが加わり、右チャンネルにはっきりとオルガンが聞こえる。
    という事は、ハープシコードに聞こえる部分とサビのオルガンは同じ楽器になるのだろうか?
    当時の機材事情からしても、演奏中にすぐにセッティングを変えれるか甚だ疑問ではあるが・・・・・

    ボーカルはこの段階ではガイドの様で、リリースされたものとメロディーラインも違う。
    ポールのコーラスもこの段階ですでに入っているが、これもガイドになるのだろうか。
    (タンブーラを録音する時に一緒に録音したのかも知れない。)
    翌日にベースとギターのオブリが加わり、ボーカルが録音しなおされて発表されたバージョンになる。
    アンソロジー2は制作過程としては本当に興味深い資料が満載で一番好きである。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ジョンの息子、ジュリアン・レノンが保育園から持ち帰った絵をジョンに見せながら「ルーシーがダイヤモンドを持って空にいるんだよ」と言った事がこの曲を書くきっかけになった。
    また、この曲の頭文字が「LSD」になるために、「またドラッグかw」と誤解されて一部のラジオ曲では放送禁止になってしまったそうだが、ジョンによると「これはただの偶然だよ」との事である。
  2. カバーバージョンとして最も成功したのはエルトン・ジョンのバージョンである。(ビルボード1位)
    1974年に発表されたこのバージョンにはジョンがギターとコーラスで参加している。

    また、1968年に俳優ウィリアム・シャトナー(スター・トレックのカーク船長)が出したカバーは、なぜか数十年後にネットでカルト的な人気が出てしまい、「英国人が選ぶ最悪のカバーバージョン」という投票で複数回1位を取ってしまうと言う不名誉な結果になってしまった。しかし、これはどうやら意図的な組織票(日本では「田代祭」と呼ばれた物に近い)での結果だそうだ。
    このカバー、というよりも彼による朗読とスタートレックを意識したスペーシーな風味のアレンジは思い切り気持ち悪く、1位になるのもうなずける怪作であるw
  3. この曲のモデルとなったルーシー・ヴォデンは46歳の若さで、2009年9月22日にこの世を去った。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表