ザ・ビートルズ楽曲データベース

Flying

邦題
フライング
作者
Harrison/Lennon/McCartney/Starkey(全員の共作)
リードヴォーカル / コーラス
- / -
使用楽器
  • Gibson J-160E (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Fender Stratocaster(George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Organ (Paul)
  • Maracas (Ringo)
  • Melotoron (John)
  • Epiphone Casino (Paul)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズが企画した映画「マジカル・ミステリー・ツアー」のサウンドトラック盤(イギリスでは2枚組EP盤として発売された)のディスク2のA面2曲目に収められた曲。ビートルズの公式発表曲の中では、唯一のインストゥルメンタル・ナンバーである。

この6曲入りEP盤のセッションはアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のセッションが終わり、まだ発売もされていない1967年4月25日から開始されている。(「サージェントのミックスダウンが終わったのは5日前の4月20日!)

アメリカでは複数の曲をEP盤の片側に詰め込む事が一般的ではなかったために、
アルバムに未収録だったこの時期のシングルを収録した編集アルバムとして、LP盤「マジカル・ミステリー・ツアー」が企画され、本国でのEP発売の10日前にキャピトルから先行発売された。
1987年のCDリリースに際して、全世界で音源そしてカタログラインナップを統一する事になり、唯一アメリカ編集盤からこのLPが選ばれて統一カタログにラインナップ入りする事となった。
現行のCDでは「マジカル・ミステリー・ツアー」の3曲目に収録されている。

元々は仮題として「Aerial Tour Instrumental」と呼ばれていた。
このナンバーが最初に録音されたのは1967年9月8日。
全部で6テイク録音されたこの日のセッションだが、リリースされたものとはまるで違っていた。
エンディングにサックス(誰が吹いたのかは不明)が入っていたり、逆回転のオルガンが入っていたそうだ。
ベストとされた第6テイクをリダクションして第7、第8テイクを作成。
その第8テイクにジョンのメロトロンと、全員によるスキャットが録音されている。

そして1967年9月28日。
第8テイクに再び、ジョンのメロトロンとジョージのギター、リンゴのマラカスをオーバーダブ。
これとは別にサウンド・エフェクト用のセッションを第5テイクまで行った後、
このSEは第8テイクにオーバーダブされてこの曲は完成に至った。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. エンディングで演奏がブレイクしてからのミックスがモノラルとステレオでは異なる。
    モノラル盤はサウンドエフェクトがステレオよりも早くフェイドインして来る上に、ステレオにはないギター低音弦のフレーズ(とは言えないレベルだが)がミックスされている。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. インスト曲はデビュー前にはジョージ作の「Cry for a Shadow」が、そして未発表曲としては「ラバー・ソウル」セッションの時に生まれた「12-Bar Original」が存在するが、公式発表曲としてはこの曲が唯一である。また全員が作者にクレジットされているのもこの曲のみである。
    「Cry for a Shadow」は「The Beatles Anthology 1」に、「12-Bar Original」は「The Beatles Anthology 2」にそれぞれ収録されている。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表