ザ・ビートルズ楽曲データベース

I Want To Hold Your Hand

邦題
抱きしめたい
作者
Lennon/McCartney(二人の共作)
リードヴォーカル / コーラス
ポール、ジョン / -
使用楽器
  • Rickenbacker 325 (John)
  • Hofner Bass (Paul)
  • Gretch Country Gentleman (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Hand Clap

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での5枚目のオリジナルシングル。カップリングは「こいつ(This Boy)」。
このシングルは英国では1963年11月29日に発売された。
全編、ジョンとポールのデュエットで歌われている。
初期のビートルズを代表する曲であり、ローリング・ストーン誌の選ぶ「オールタイム・グレイテスト・ソング500」では16位にランクされている。

各オリジナルアルバムには未収録のために、編集盤「パスト・マスターズ」に収録されている。

この曲が録音されたのは1963年10月17日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
ビートルズにとって初めての4トラックレコーディングである。
この曲は第17テイクまで録音されており、ギターも数回オーバーダブしている。

1963年10月21日にモノミキシングされており、ステレオミックスも一応この日に作られている。
この日のステレオミックスがオーストラリア盤に収録されたと思われる。(Voが右に定位している)

5枚目のアルバム「ヘルプ!」のセッション中の1965年6月8日にノーマン・スミスがこの曲のステレオ・ミックスを作成しているが、これがドイツ盤に収録されたと思われる。(Voが中央に定位している。)

7枚目のアルバム「リボルバー」の発売後の1966年11月7日。
この曲はジョージ・マーティンにより再度ステレオリミックスされた。
ビートルズ初のベストアルバム「オールディーズ(未CD化)」のためである。
ミックス自体は65年の物とほぼ変わらない。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. 各国盤でミックスの違いが存在している。
    CD化の際に音源統一された後ではステレオ・モノラル共に特に違いはない。
  2. The Beatles Anthology 1」に、ビートルズがテレビ番組「マーカム・アンド・ワイズ・ショー」に出演した時のテイクが収録されている。レコーディングは1963年12月2日、ATVスタジオである。
  3. 2016年9月9日発売の「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 」(アナログのみで発売されていた公式ライブ盤「ザ・ビートルズ・スーパー・ライブ!」のCD化)にこの曲のライブバージョンが収録されている。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. 前シングル「シー・ラヴス・ユー」に続き、この曲もミリオンを達成したビートルズはこの曲によってアメリカでもブレイクした。日本では元々「プリーズ・プリーズ・ミー」がデビューシングルとして決まっていたが、急遽この「抱きしめたい」に変更されたという。
  2. アメリカのシンガーソングライターのボブ・ディランはこの曲の一節「I can't hide」を「I get high」と勘違いし、「あのビートルズがドラッグソングを歌っている!」と思ったらしい。ボブがフォークからロックに転向するきっかけとなった曲であるとも言われる。
    しかし、後年。ビートルズは「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」でしっかりと「I Get high」と歌っている。
  3. イントロのギターの拍数を勘違いしてなかなか歌に入れない人がいる、との事だがこれは管理人はわからない事項である。「ワン、ツー、スリ、ドドダー」という感覚が聞いた当初からあったためである。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表