ザ・ビートルズ楽曲データベース

Slow Down

邦題
スロウ・ダウン
作者
Larry Williams(ラリー・ウィリアムズ)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / -
使用楽器
  • Rickenbacker 325 (John)
  • Hofner Bass (Paul)
  • Gretch Country Gentleman (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • George Martin (Piano)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズが1964年6月19日にリリースしたオリジナルEP(4曲入り)の「ロング・トール・サリー」に収録されていた曲。
オリジナルはラリー・ウィリアムズが1958年にリリースしたシングル「ディジー・ミス・リジー」のカップリング曲。
ジョンがダブルトラックでリード・ヴォーカルを取っている。
ちなみに後のアルバム「ヘルプ!」でジョンは「ディジー・ミス・リジー」をカバーしている。

各オリジナルアルバムには未収録のために、編集盤「パスト・マスターズ」に収録されている。

この曲が録音されたのは1964年6月1日。アビイ・ロード第2スタジオ。
3枚目のアルバムでもあり、初主演映画のサウンドトラックアルバムでもある「ア・ハード・デイズ・ナイト」のセッション中だったビートルズはこの日にまず「マッチ・ボックス」を録音。
そして「ぼくが泣く」を録音したあとに、この曲のレコーディングに入った。

全部で6テイク録音されており、第3テイクにジョンがヴォーカルをオーバーダブした。(これが第6テイク)
ギターも2本以上聞こえており、ギターもオーバーダブされている。
この時にはピアノはまだ入っておらず、ピアノは1964年6月4日にジョージ・マーティンによりオーバーダブされた。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Live at BBC」にはBBCセッションでの演奏が収められている。
    これは1963年7月16日に録音されたもので、ジョンの歌詞のいい加減っぷりがよく目立つテイクであるw
    もちろん4人での演奏のために、ピアノは入っていない。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ジョンはダブルトラックでこの曲を歌っているが、歌詞の「Boy Friend」という部分を2回目は「Girl Friend」と歌っている。これは男女どちら側でもこの曲の歌詞が成り立つように、という意味なのか、ジョンがただ単に間違えたのか・・
  2. オーバーダブされたジョージ・マーティンのピアノがステレオバージョンでは右側からはっきり聞こえるが、これがまたリズムが悪い。その上、2番ではブレイクする部分を勘違いして早くブレイクしてしまい、「あ、違った」と焦ったのか、弾き始めた所で本当のブレイクの場所に来てしまい、1発多くはみ出してしまっている。
    これ、オーバーダブだから録音しなおせたはずなんだが、なんでこれをOKテイクにしたのかは謎。。。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表