ザ・ビートルズ楽曲データベース

I Call Your Name

邦題
アイ・コール・ユア・ネーム
作者
Lennon/McCartney(ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / -
使用楽器
  • Rickenbacker 325 (John)
  • Hofner Bass (Paul)
  • Rickenbacker 360-12 (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Cowbell (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズが1964年6月19日にリリースしたオリジナルEP(4曲入り)の「ロング・トール・サリー」に収録されていた曲。
作者であるジョンがダブルトラックでリードヴォーカルを取っている。
元々この曲はジョンがビリー・J・クレイマー&ザ・ダコタスに提供した曲だった。
この時ジョンは「Bad to me」という曲も提供しており、カップリングされてシングルとして発売されている。
映画「ア・ハード・デイズ・ナイト」に使用されるはずだったが、タイトル曲が出来た事により外されて、EPに収録された。

各オリジナルアルバムには未収録のために、編集盤「パスト・マスターズ」に収録されている。

この曲が録音されたのは1964年3月1日。アビイ・ロード第2スタジオ。
3枚目のアルバムでもあり、初主演映画のサウンドトラックアルバムでもある「ア・ハード・デイズ・ナイト」のセッション中だったビートルズは、「すてきなダンス」、そして「ロング・トール・サリー」を録音したあとにこの曲を録音開始する。

ジョンは第1テイクの前にジョージ・マーティンに
「ビリーJのバージョンのイントロとソロをそのままやっちゃマズイかな?元々はオレラの曲だよなw」と問いかけている。

全部で7テイク録音した内、完全テイクは3テイク。
ベストテイクは第7テイクだったが、ギターソロ部分は第5テイクの方が出来がよかったために後に編集される。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. モノラルとステレオではイントロの部分に大きく違いがある。
    • ジョージの12弦ギターのフレーズがステレオとモノラルでは全く異なる。
    • モノラルではイントロからカウベルが入っているが、ステレオでは「But you're not there」の直前から入ってくる。
    • ステレオでは歌い出しの「I Call Your Name」のみシングルトラックだが、モノラルでは最初からダブルトラック。
    なおアメリカ盤「ビートルズ・セカンド・アルバム」に収められていたステレオバージョンは、「I call you name」の[call]からカウベルが入ってくる。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲はジョンが曲を書き始めた15歳-16歳の頃に書かれたそうだ。
  2. 後にこの曲はリンゴがカバーしている。けっこう原曲に忠実なカバーでちょっと意外。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表