ザ・ビートルズ楽曲データベース

Back In The U.S.S.R.

邦題
バック・イン・ザ・U.S.S.R.
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ジョン、ジョージ
使用楽器
  • Fender Bass VI (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Epiphone Casino (George)
  • Ludwig (Paul)
  • Piano (Paul)
  • Fender Jazz Bass (George)
  • Fender Stratocaster (Paul)
  • Hand Clap

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの本国9枚目のオリジナルアルバム、そして唯一の2枚組アルバムの「ザ・ビートルズ」 (通称:ホワイト・アルバム)のDisc1、1曲目に収められたロックナンバー。作者のポールがリード・ヴォーカルをとり、ジョンとジョージがコーラスをつけている。

1968年、ビートルズはシングル「レディ・マドンナ」を録音し終えた後、2月15日から3月の末までにインドに滞在した。
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの元で瞑想修行をするためである。
このインド滞在中にかなりの曲を書きためたビートルズは4月に帰国後、5月30日の「レボリューション1」を始めにこのアルバムのセッションを開始した。
最終的に曲は32曲録音されたが、ジョージ・マーティンは「クォリティを高めるために1枚に絞り込むべきだ」と主張。
ビートルズ側はこれを聞き入れずに最終的に30曲入りの2枚組として発売したのである。

各自の音楽家としての成長、それと共に育つエゴとプライド。
そしてセッション途中からの8トラックレコーディングの導入が、それぞれの個人作業を容易にしてしまった。
5月14日にはビートルズ自身のレコード会社「アップル」設立を発表。
ブライアン・エプスタイン不在の中、ビートルズはまったく未経験のビジネスに身を投じストレスを溜め込み始める。
お互いがお互いを助け合っていた4人のバランスが、このセッションより微妙に狂い始めたのだった。

この曲が録音開始されたのは1968年8月22日。
セッション中、不協和音が聞こえていたグループ内部のテンションはこの日に最悪の形を迎える。
リンゴが(非公式に)脱退してしまったのである。
アンソロジーでリンゴは「(自分の)プレイは最低だし、他の3人は仲がいいし疎外感を感じた」と発言している。
それをジョンの所に言いに出かけたらジョンは「仲が良いのは君らだろ」。ポールも同じ答えだったそうな。
何がどうすれ違ってしまったのか、リンゴはグループをこの日離れた。

しかし、なぜかセッションは他の3人によって継続される。(これ、けっこう傷つくよな・・・リンゴは・・・)。
この日はポールのドラム、ジョージのギター、そしてジョンの6弦ベースでリズムトラックを第5テイクまで録音。

その翌日、1968年8月23日。
第5テイクをリダクションして第6テイクを作成。(この時期アビイ・ロードはまだ4トラックだった)
この日にオーバーダブされたのは、ポール、ジョージのベース。2つのドラム、手拍子、ポールとジョージによるギター、そしてバックコーラスである。

その第6テイクにアビイ・ロードのライブラリから飛行機の音をスーパーインポーズして全ての録音は終了した。

リンゴかグループに戻るのは9月4日に「ヘイ・ジュード」と「レボリューション」のプロモビデオを撮影する時である。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. モノラルとステレオでは以下の違いがある。
    • イントロのジェット機の音から、ギターのチョーキングが入るまでの間がモノラルの方が長い。
    • ギターソロの間、ステレオでは様々な掛け声が聞こえるが、モノラルでは全てカットされている。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲はチャック・ベリーの「Back in the U.S.A.」からタイトルを取ってパロディーにしている。
    また途中のビーチ・ボーイズ風のコーラスや、歌詞の「Georgia's always on my mind」は、レイ・チャールズで有名な「Georgia on My Mind」のパロディーであると共に、グルジアの英語での綴りがジョージアと同じ(Georgia)であることを掛けている部分など、インドで一緒に滞在したビーチ・ボーイズのマイク・ラヴからアイデア提供された。
    ビーチ・ボーイズもこの曲をライブで演奏している。
  2. ポールが2003年にロシア・赤の広場で行ったコンサートでもこの曲は演奏されている。
    会場入りが遅れてこの曲が聴けなかったプーチン大統領(当時)のために、アンコールで特別にもう一度演奏されたとか。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表