ザ・ビートルズ楽曲データベース

Being For The Benefit Of Mr. Kite!

邦題
ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト
作者
Lennon/McCartney(ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ポール
使用楽器
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Ludwig (Ringo)
  • Harmonium(George Martin)
  • Hammond Organ (John)
  • Piano (John)
  • Harmonica(George,Ringo)
  • Harmonica(Mal Evans,Neil Aspinall)
  • Fender Esquire (Paul)
  • Tambourine (George)
  • Glockenspiel (George Martin)
  • Rotary Organ (George Martin)
  • Tape Loops

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での8枚目にあたるオリジナルアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の7曲目に収録されたナンバー。作者のジョンがリード・ヴォーカルをとり、ポールがコーラスをつけている。

1966年、ビートルズには様々な変化があった。
前アルバム「リボルバー 」のレコーディング・セッション終了後、ツアーに出たビートルズは1966年8月29日のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パークのステージを最後に一切のコンサート活動を停止する。
行く先々でのビートルマニアの熱狂、楽曲の再現の難しさ、そしてあちこちでのトラブルにメンバーは疲れ切っていた。この無意味とも思えるコンサート活動を停止すれば、レコーディングに専念できると考えたのだ。

デビュー以来、守り続けてきた「1年に2枚」のアルバム制作もこの年は初めて守られなかった。
その代わりに、クリスマスシーズン用に初のベストアルバム「オールディーズ」を発売。(未CD化)
11月24日からシングル「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の録音を皮切りに、「もうステージはやらない」と宣言したビートルズは「架空のバンドがショーをする」というコンセプトアルバムの制作を開始したのである。

この曲は1967年2月17日に録音が開始された。
ジョンはこの曲にかなり入れ込んでたようで、録音開始する際にジェフ・エメリックが
「"For the Benefit of Mr.Kite!"テイク1、行きます」とアナウンスしたのに対し、ジョンは即座に
「違うよ。"Being For the Benefit of Mr.Kite!"」と言い返している。

リズム・トラックはベース(ポール)、ドラム(リンゴ)、ジョージ(タンバリン)、ハーモニウム(ジョージ・マーティン)で合計7テイク録音された。ジョンはガイド・ボーカルを録音している。

ベストと判断された第7テイクを使って、リダクションが2回行われ、後者を第9テイクとした。
ここで改めてジョンがヴォーカルをレコーディングする。

1967年2月20日。アビイ・ロード第3スタジオ
ジョンはこの曲を「床に敷き詰めたおがくずの匂いがするサーカスの雰囲気にしたい」と言っていた。
ポールはちゃんと言葉で指示をくれるのに対して、ジョンはあくまでイメージで発言するからみんなも大変だったそうだ。
この要望に応えるために、マーティン卿は古いスチーム・オルガンの音を録音することを思いついた。
だが、パンチ穴で自動演奏するモデルしか見つからなかったのである。
これでは曲に合わせたフレーズを弾くことができない。
そこでマーティンは、古いライブラリからスチームオルガンが含まれるテープを見つけてきた。
そのテープをジェフ・エメリックに細切れに切断させてばらまかせた。
それを適当につなぎ合わせて、サウンド・エフェクト・ループを作ってミックスしようとしたのである。
ジェフ曰く「ばらまいたのはいいけど、ほとんど元の順番のままに落ちて来ちゃった」との事w
結局、あちこち入れ替えたりしながら、合計19のテープを貼り合わせてサウンドループは完成。
この出来にジョンは大層よろこんだそうである。
このエフェクトループは、この日ミックスされることはなかった。よってこの日のセッションはテイク番号はない。

1967年3月28日。アビイ・ロード第2スタジオ。
2月17日の第9テイクに、ニール・アスピノール(ロード・マネージャー)、マル・エヴァンス(ロード・マネージャー)、リンゴ、ジョージがハーモニカを、ジョンがハモンド・オルガンを、ポールがギターをオーバーダブする。

翌日の1967年3月29日には2月20日に作ったサウンド・ループが追加。
同時にジョージ・マーティンはロータリー・オルガンを追加した。

そして1967年3月31日。
この日はもう完成品としてモノラルミックスを終わらせたが、まだ楽器が足りないと思ったのか
オリジナルの第9テイクにオルガンとグロッケンスピールを追加。
その後にリミックスを7回行って、リミックス4が完成テイクとして選ばれた。

なお、ピアノの音も聞こえるがどの時点で追加されたのかは不明である。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. ステレオ盤とモノラル盤は「サーカス・サウンド」のループに違いが見られる。
    モノラル盤では引っかかりがあるような聞こえ方に対して、ステレオはなめらかに聞こえる。
  2. The Beatles Anthology 2」に1967年2月17日の第1、2そして第7テイクが収録されている。
    ジェフ・エメリックとジョンのやりとりも収録されており、第1、2テイクではジョンのガイドボーカルも聴ける。
    第7テイクはリダクションの前なので、ジョンのボーカルもリリースされたものとは違う。
    ただ、このテイクの演奏はそのままリリーステイクになっているために、何が後からオーバーダブされたかわかるようになっている。後半は2月20日のサウンドループのみになって曲はフェイドアウトする。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. このアルバムセッションの頃、ジョンは創作意欲をなくしていたらしく、家の階段に座ってはぼーっとしてる毎日だったそうな。
    この曲は、プロモーションビデオ撮影のためイギリスのケント州を訪れていた際、偶然入った骨董屋で見つけた1843年のサーカス団のポスターの宣伝文句からヒントを得て作った曲である。(画像はこちら
    というかタイトルから歌詞からけっこうそのまま引用されているのがわかる。
  2. この曲のことをジョンは(相変わらず)けなしていたが、暗殺される直前のインタビューでは「すばらしい曲だ」と意見を変えていた。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表