ザ・ビートルズ楽曲データベース

Piggies

邦題
ピッギーズ
作者
Harrison (ジョージの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョージ / -
使用楽器
  • Gibson J-200 (George)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Ludwig (Ringo)
  • Tambourine (Ringo)
  • Harpsichord (Chris Thomas)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの本国9枚目のオリジナルアルバム、そして唯一の2枚組アルバムの「ザ・ビートルズ」 (通称:ホワイト・アルバム)のDisc1、12曲目に収められたナンバー。
作者のジョージがリード・ヴォーカルをとり、ジョンとポールがコーラスを付けている。

1968年、ビートルズはシングル「レディ・マドンナ」を録音し終えた後、2月15日から3月の末までにインドに滞在した。
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの元で瞑想修行をするためである。
このインド滞在中にかなりの曲を書きためたビートルズは4月に帰国後、5月30日の「レボリューション1」を始めにこのアルバムのセッションを開始した。
最終的に曲は32曲録音されたが、ジョージ・マーティンは「クォリティを高めるために1枚に絞り込むべきだ」と主張。
ビートルズ側はこれを聞き入れずに最終的に30曲入りの2枚組として発売したのである。

各自の音楽家としての成長、それと共に育つエゴとプライド。
そしてセッション途中からの8トラックレコーディングの導入が、それぞれの個人作業を容易にしてしまった。
5月14日にはビートルズ自身のレコード会社「アップル」設立を発表。
ブライアン・エプスタイン不在の中、ビートルズはまったく未経験のビジネスに身を投じストレスを溜め込み始める。
お互いがお互いを助け合っていた4人のバランスが、このセッションより微妙に狂い始めたのだった。

この曲が録音開始されたのは1968年9月19日。アビイ・ロード第1スタジオ。
当初、第2スタジオでビートルズはセッションを行っていたが、この日のプロデューサー、クリス・トーマス(マーティン卿は休暇をとっていた)が第1スタジオにハープシコードが置いてあるのを発見。
これを第2スタジオに持ち込もうとすると、同じくスタジオスタッフのケン・スコットに「だめだぞ!」と怒られてしまい、仕方なくビートルズ側が第1スタジオに移動する事になった。

この曲にハープシコードを入れるアイデアを思いついたのはクリス・トーマスである。
それをジョージに伝えると「君が弾けばいい」と言われたそうである。
二人でハープシコードをいじっている時にジョージはクリスに後の「サムシング」になる曲を聴かせたそうである。
この時ジョージは「そうか。いい曲なのか。じゃあジャッキー・ロマックスに歌わせようかなあ」と言ったそうだw

トーマスのハープシコード、ジョージのアコギ、ポールのベース、リンゴのバスドラとタンバリンの編成で
ベーシックトラックを全部で11テイク録音した。ベストは第11テイク。
テイクの合間にはポールが「レット・イット・ビー」をすでに歌っていたそうである。

翌日の1968年9月20日。第2スタジオ。
まず昨日の4トラックテープを、8トラックレコーダーに移し替えてこれを第12テイクとする。
これにコーラスなどの各種オーバーダブ、そしてリード・ヴォーカル(エフェクト処理含む)を空きトラックに録音。

このセッションの合間に、ジョンはコントロールルームでサウンドライブラリから「ブタの鳴き声」のループを作成した。

1968年10月10日。アビイ・ロード第2スタジオ。
この日はオーケストラのオーバーダブセッションである。
この曲にオーケストラがオーバーダブされた後に、「グラス・オニオン」にもオーケストラのオーバーダブが行われた。

これでこの曲は完成に至る。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. モノラルとステレオでは、豚の鳴き声のサウンド・エフェクトの入る場所が違う。
    しかもモノラルではかなり大きくミックスされている為に、ヘッドホンで聴いているとビビりますw
  2. The Beatles Anthology 3」に、このアルバムセッションに入る前の1968年5月にサリー州イーシャーにあるジョージの家で録音された、デモテープ(通称:イーシャーデモ)バージョンが収められている。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. タックスマン」以来の皮肉タップリのこの曲は、人間社会を豚になぞらえて風刺している。
    しかも、この歌詞の一節はジョージのお母さんが書いたそうな。("What they need's a damn good whacking")
    この親にしてこの子ありであるw
  2. この曲を間違って解釈して、未曾有の惨劇を引き起こしたのがあの「シャロン・テート殺人事件」の首謀者、チャールズ・ミルズ・マンソンである。彼は黒人と白人の最終戦争を「ヘルター・スケルター」と呼んで、家出少女をLSD漬けにしてカルト・ファミリーを形成していき、その少女達に殺人を行わせた。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表