ザ・ビートルズ楽曲データベース

Got To Get You Into My Life

邦題
ゴット・トゥー・ゲット・ユー・イントゥー・マイ・ライフ
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / -
使用楽器
  • Epiphone Casino(John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Gibson SG? (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Organ (George Martin)
  • Tambourine (Ringo)
  • Trumpet (Eddie Thornton)
  • Trumpet (Ian Hamer)
  • Trumpet (Les Condon)
  • Tenor Saxophone (Alan Branscombe)
  • Tenor Saxophone (Peter Coe)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での7枚目にあたるオリジナルアルバム「リボルバー 」の13曲目に収録されたロックナンバー。大々的に導入されたブラスセクションが印象的である。
作者のポールがリード・ヴォーカルをとっている。ブラスセクションは5名の外部ミュージシャンを起用している。

前アルバム「ラバー・ソウル」のレコーディング・セッションから半年の充電期間を経て開始されたこのアルバムのセッションは、さまざまな実験が盛り込まれて進行した。そのおかげなのか、このアルバムの収録曲がライブで演奏されることはなかった。もはやビートルズの録音物は当時の機材、そして4人という人数で再現は難しくなっていたのだ。

この曲は1966年4月7日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音が開始された。
この日は第5テイクまで録音された。
第1テイクのリズムトラックはジョージ・マーティンが弾くオルガンとハイハットのみというかなりシンプルなもの。
第4テイクの前にアレンジの協議があり、第5テイクではようやくヴォーカルが録音される。
リリースされたものとは異なり、ジョンとジョージによるコーラスも入っていたがこのアレンジは破棄。

翌日の4月8日にリメイクを開始。
第6~第8テイクまで録音して、ベストと判断されたのは第8テイク。
この時点でヴォーカルは入っているが、まだブラスなどは入っていない。

1966年4月11日。新たにギターがオーバーダビングされる。
(推測ではあるが、ブレイク時のギターフレーズだと思う。)
この日はジョージの「ラヴ・ユー・トゥ」も録音されている。

1966年5月18日。この日は外部ミュージシャンによるブラスセクションを録音。
若きエンジニア、ジェフ・エメリックはブラスをマイクに極力近づけて、リミッターをカマして録音した。
当時は遠く離れた所にマイクを置くのが常識だったらしい。
12時間におよぶセッションでブラスセクションの録音は終了。
しかし4トラックが埋まってしまっていた。
このアレンジにしてしまうと既成録音のヴォーカルは弱いと判断して、ピンポンの際にヴォーカルを消去。
そして、空いたトラックに新たにヴォーカルとコーラス、そしてギターをオーバーダブする。
これが第9テイクとなる。

そして、1966年6月17日にまたもやギターが追加されてこの曲は完成した。
ミックスダウンの際に、ジョンとジョージのコーラスは省かれてしまったようだ。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. モノラル盤とステレオ盤ではポールのヴォーカルがほんの一部異なる。
    フェイドアウト寸前のポールのフェイク「Every Single day of my life」の歌い回しが全く異なっている。
    そしてステレオ盤の方が4秒ほどフェイドアウトが早い。
  2. The Beatles Anthology 2」に放棄されたテイク5(1966年4月7日のテイク)が収録されている。オルガンで始まり、全体的にかなり大人しいアレンジとなっている。
    何が驚くかって、この翌日には最終的なホーン導入を見越したテイクを作り終えているのがすごい。
    なんという頭の回転の速さだろうか・・・・・・

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ポールは「モータウンサウンド」に影響を受けてこの曲を書いたとの事。
    この曲と似たような編成のアメリカのロックバンド、シカゴはこのアルバムのリリースの翌年、1967年に結成されているのも興味深い話である。(直接影響を受けたかどうかは不明だけど)
  2. この曲はジョージも少し作詞を手伝ったそうだが、クレジットはいつもの「レノン・マッカートニー」になっている。
  3. カバーバージョンとしてはアース・ウィンド&ファイアーの物が有名である。彼らのバージョンは1978年にリリースされビルボードで9位まで上昇し、ブラックチャートでは1位を獲得している。
  4. ポールはウィングス時代~現在に至るまでライブでこの曲を演奏している。
    最近のライブではテクノロジーの進化とともに、ホーンはシンセで弾かれている場合がほとんどである。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表