ザ・ビートルズ楽曲データベース

The End

邦題
ジ・エンド
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ジョン、ジョージ
使用楽器
  • Epiphone Casino (Paul,John)
  • Gibson Les Paul (George)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (Paul)
  • Maracas
  • Orchestra

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの11枚目の英国オリジナルアルバム「アビイ・ロード 」の16曲目に収められているナンバー。
このアルバムは1969年9月26日に発売された。
B面(アナログ)のほとんどを埋めるメドレーの中の1曲である。
作者のポールがリード・ヴォーカルをとっており、ジョンとジョージがコーラスをつけている。
またビートルズの録音物の中では初めてリンゴのドラムソロをフィーチャーした曲になった。
ドラムソロの後、ポール、ジョージ、ジョンの順番で2小節ずつのギターソロバトルが展開される。

運命の1969年。年が明けてすぐの1月2日。ビートルズはトゥイッケナム・フィルム・スタジオに姿を現した。
混沌とする活動状況を打破する為に、ポールが打ち出したのは「原点に帰る」というコンセプトだった。
デビュー以来の、全世界をコンサートで飛び回っていたあの頃に帰る、という事。
オーバーダブなどしなかった(出来なかった)あの頃に・・・・!

ポールはコンサートツアーの再開を提案したが、他の3人は難色を示す。
妥協案として1度だけのコンサートも企画されたが、これも結局流れてしまった。
最終的にリハーサルなどを含むドキュメンタリーを制作しテレビで放送する、という事で合意した4人は
このフィルムスタジオでリハーサルを開始した。「ゲット・バック(原点に帰る)・セッション」の始まりである。

しかし、いつも撮影されているというプレッシャー、そして薄ら寒いだけの撮影スタジオという慣れぬ環境。
張り切るポールはあれやこれやとジョージに指示、ジョージはそれに反発して口論となり
5ヶ月前にリンゴがしたように、1月10日にスタジオを飛び出してしまう。
数日後にジョージは復帰するが、テレビショウに関しては意見を曲げず、結局この企画は流れてしまう。
映像撮影、そして「オーバーダブをやらない」というコンセプトのアルバム制作は続行されるものの
1969年1月30日のルーフトップ・コンサート、そして翌日のセッションをもってこのプロジェクトを放棄。
総時間、90時間以上の撮影・録音テープを残したまま、ビートルズはアップルスタジオを去ったのだった。
後にこの撮影テープは映画「レット・イット・ビー」となり、
録音物はフィル・スペクターの手によってアルバム「レット・イット・ビー」としてまとめられ、
ビートルズのラスト・アルバムとして翌年の1970年5月8日に発売される。

あの苦しいセッションが終了してしばらく経った頃。ポールはジョージ・マーティンに電話をかけた。
「もう一枚アルバムを作ろうと思うんだけど、またプロデュースしてくれないかな?本当の意味でね。」
マーティンは「本当に昔の様にできるならいいけど、そうじゃないなら断るよ。」と応え、これを了承した。
4人はすでにバラバラになっているにも関わらず、再びアビイ・ロードスタジオに集結する。
・・・・・・・最後の奇跡を形にするために。

この曲が録音開始されたのは1969年7月23日。アビイ・ロード第2スタジオ。
当初から仮題が「Ending」となっており、アルバムの最後の曲という認識でのセッション開始であった。
全部で7テイクが録音されて、第7テイクがベストと判断された。
但し、この時点ではギターソロ部分、ボーカル部分などはなく曲の長さも1分12秒足らずしかなかった。

1969年8月7日。アビイ・ロード第2スタジオ。
第7テイクにギターをオーバーダブする。この日に各自のギターソロが収録されたと思われる。

1969年8月8日。アビイ・ロード第2スタジオ。
この日、アビイ・ロード・スタジオ前でアルバム・ジャケットの撮影を終えた4人は午後からスタジオに集結。
第7テイクにベース、そしてドラムの追加を行う。

1969年8月15日。アビイ・ロード第1スタジオ。
この日はこのアルバムに使用されたストリングスセッションを1日で録音した日になった。
サムシング」「ゴールデン・スランバー」「キャリー・ザット・ウェイト」「ヒア・カムズ・ザ・サン」 そして、この「ジ・エンド」のストリングスをこの日1日で録音している。

翌日の1969年8月16日。アビイ・ロード第2スタジオ。
この日、最後の歌詞の前のピアノ部分(4秒足らず)がオーバーダブされた。

この曲はこれで完成に至る。

1969年8月25日。アビイ・ロード第2スタジオのコントロールルーム。
この日はアルバムの最終マスターが作られたが、その際にこの曲は36秒間カットされている。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Anthology 3」に、最終リリースのマスターから省かれた音を加えた、新しいリミックスバージョンが収められている。リンゴのドラムソロ部分に重なるタンバリン、そして(おそらく)ジョンのエピフォンの音、ギターバトル中に段々とフェイドインしてくるオーケストラなどを聞くことができる。
    しかし、マスター部分はリリースされた物とまったく同じである。
    この曲はアンソロジー3ではCDの最後に収められており、曲が終わった後に「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」のピアノコード、そしてオーケストラがゆっくりとフェイドインしてくるという粋な編集が施されている。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ビートルズとしての初の、そして唯一のドラムソロのフィーチャーとなったこの曲だが、リンゴは最初ポールに「ドラムソロやるかい?」と聞かれた時に即座に断ったそうである。
    また、この曲は唯一、ドラムのみに2トラック分使われたレコーディングであった。
  2. 曲名、そしてこの収録の仕方から「ビートルズ最後の録音曲」という間違った認識の人もたまにいるが、このアルバムのセッションでオーバーダブを除いて一番最後にベーシックトラックが録音されたのは「ビコーズ」である。
    またビートルズとしての最後の録音曲はアルバム「レット・イット・ビー」収録の「アイ・ミー・マイン」。(但し、この録音にはジョンは参加していない。)
  3. " And in the end, The love you take Is equal to the love you make."
    「結局、あなたが得る愛は、あなたが与える愛(の量)に等しい」。
    ラヴ・ミー・ドゥ」でデビューしたビートルズがこの歌詞で、最後の(録音の)アルバムを締めるのは感慨深い。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表