ザ・ビートルズ楽曲データベース

Paperback Writer

邦題
ペイパーバック・ライター
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ポール、ジョン、ジョージ
使用楽器
  • Gretch 6120 (John)
  • Rinckenbacker 4001 (Paul)
  • Gibson SG (George)
  • Ludwig (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での12枚目のオリジナルシングル。カップリングは「レイン」。
この曲は1966年6月10日に発売された。
作者のポールがリード・ヴォーカルを取り、ジョン・ポール・ジョージがオーバーダブを駆使したコーラスを付けている。

各オリジナルアルバムには未収録のために、編集盤「パスト・マスターズ」に収録されている。

この曲は1966年4月13日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音開始された。
7枚目のアルバム「リボルバー」のレコーディング・セッション中である。
この日はリズムトラックを2テイク録音し、唯一最後まで演奏できた第2テイクにオーバーダブを開始。

そして1966年4月14日。アビイ・ロード第2スタジオでコーラスなどのオーバーダブを終えてこの曲は完成した。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. モノラルとステレオでは、エコーのかかり方が違う部分がある。
    モノラル盤でのエンディング前、もう一度冒頭のコーラスに戻る部分があるが、その部分のポールのボーカルに派手なエコーがかけられている。
    なお、イントロの歌い出しもステレオではポールの声が一番大きくミックスされているが、モノラルでは他の声と同じぐらいになっている。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲はシングルで初めてポールがリッケンバッカーベースを使用した曲であり、そして録音にラウド・スピーカーを使用した初めての曲でもある。
    ベースがここまで極端にはっきり聞こえるミックスは今までになく、レコードのプレス屋さんは
    「こんなものレコードにしたら針が飛びまくって返品でエライ事になるぞ!」とえらく心配したらしい。
    最も、これ以降のビートルズサウンドはベースがはっきりとミックスされる様になっていく。
  2. 今までは恋愛などの事を歌う事が多かったビートルズだが、この曲は「すいません。僕、(二流雑誌の)ライターになりたいんです。これは色々とわけがありまして・・・」と延々、自分語りをするという当時としては変わった曲である。
  3. 日本公演でもこの曲は演奏されているが、最初のコーラスが3人で再現できるはずもなく、けっこうショボイ出来になっている。もっとも、この頃ビートルズはライブ活動はイヤイヤやっていたので、そのせいもあるかも知れない。
    ちなみにこの日本公演の前には7枚目のアルバム「リボルバー」の録音は全て終了していた。
  4. この曲はテレビ局に配るためのプロモーションフィルムが作られている。ただし、マイム禁止規定に引っかからない様に番組毎に違うバージョンをいくつか作っている。カップリング曲の「レイン」も同様にフィルムが作られている。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表