ザ・ビートルズ楽曲データベース

For No One

邦題
フォー・ノー・ワン
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / -
使用楽器
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (Paul)
  • Clavichord (Paul)
  • Tambourine
  • French Horn (Alan Civil)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での7枚目にあたるオリジナルアルバム「リボルバー 」の10曲目に収録されたバラードナンバー。作者のポールがリード・ヴォーカルをとっている。ジョンとジョージはこの曲には参加していない。

前アルバム「ラバー・ソウル」のレコーディング・セッションから半年の充電期間を経て開始されたこのアルバムのセッションは、さまざまな実験が盛り込まれて進行した。そのおかげなのか、このアルバムの収録曲がライブで演奏されることはなかった。もはやビートルズの録音物は当時の機材、そして4人という人数で再現は難しくなっていたのだ。

この曲は1966年5月9日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音が開始された。
まず、ピアノ(ポール)とドラム(リンゴ)のみで10テイク録音。
最も出来がよかったとされる第10テイクにポールによるクラヴィコード、リンゴのタンバリンをオーバーダブする。

そして1966年5月16日にポールのヴォーカルをオーバーダブ。
録音する際にテープ速度を若干遅くして録音された。

1966年5月19日。アビイ・ロード第3スタジオで間奏部分のフレンチ・ホルンをオーバーダブ。
フレンチ・ホルンをプレイしたのはアラン・シヴィル
当時フィルハーモニア管弦楽団の主席ホルン奏者だったアランは、このセッションがこの日の3つ目の仕事だった。

ビートルズはこの日、第一スタジオにて「ペイパーバック・ライター」と「レイン」のプロモーションビデオを撮影していた。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ポールはこの曲をスイスで休暇中に、滞在先のバスルームで書いたそうだ。(スキーに出かけてた)
    仮の題名は「Why did it Die(なぜそれは死んだのか?)」だったそうな。
  2. 1984年の映画「ヤァ!ブロードストリート」でポールは6曲のビートルズナンバーを(スタジオ作品としては)初リメイクしているが、この曲も取り上げられている。
    アレンジはアコースティック・ギターと弦楽4重奏(「イエスタデイ」と同じ)+フレンチホルンに変更されている。
    映画の中ではBBCのスタジオで歌われて、その後にすぐ「エリナー・リグビー」も演奏された。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表