ザ・ビートルズ楽曲データベース

Don't Pass Me By

邦題
ドント・パス・ミー・バイ
作者
Starkey (リンゴの作品)
リードヴォーカル / コーラス
リンゴ / -
使用楽器
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (Paul,Ringo)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Sleigh Bell (Ringo)
  • Violin (Jack Fallon)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの本国9枚目のオリジナルアルバム、そして唯一の2枚組アルバムの「ザ・ビートルズ」 (通称:ホワイト・アルバム)のDisc1、14曲目に収められたカントリー風のナンバー。
リンゴがビートルズのキャリア中、初めて作詞作曲したナンバーである。(もう一曲は「オクトパス・ガーデン」)
作者のリンゴがリード・ヴォーカルをとっている。

1968年、ビートルズはシングル「レディ・マドンナ」を録音し終えた後、2月15日から3月の末までにインドに滞在した。
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの元で瞑想修行をするためである。
このインド滞在中にかなりの曲を書きためたビートルズは4月に帰国後、5月30日の「レボリューション1」を始めにこのアルバムのセッションを開始した。
最終的に曲は32曲録音されたが、ジョージ・マーティンは「クォリティを高めるために1枚に絞り込むべきだ」と主張。
ビートルズ側はこれを聞き入れずに最終的に30曲入りの2枚組として発売したのである。

各自の音楽家としての成長、それと共に育つエゴとプライド。
そしてセッション途中からの8トラックレコーディングの導入が、それぞれの個人作業を容易にしてしまった。
5月14日にはビートルズ自身のレコード会社「アップル」設立を発表。
ブライアン・エプスタイン不在の中、ビートルズはまったく未経験のビジネスに身を投じストレスを溜め込み始める。
お互いがお互いを助け合っていた4人のバランスが、このセッションより微妙に狂い始めたのだった。

この曲が録音開始されたのは1968年6月5日。アビイ・ロード第3スタジオ。
このアルバムのセッションとしては2曲目に行われたセッションである。
まずはポールのピアノ、リンゴのドラムだけで3テイク録音され、第3テイクにピアノとスレイ・ベルをオーバーダブ。
これでトラックがいっぱいになったので、リダクションを2回行い、2回目の第5テイクをベストにした。

そしてこの第5テイクにリンゴのヴォーカルを録音したが、
これはすぐに消去されて代わりにポールがベースを録音。
ポールはもう一つの空きトラックにもベースを録音している。
再びリダクションが行われて第6テイクが作成されたが、これは出来がよくなかったので破棄。

翌日の1968年6月6日。
第5テイクのポールのベースを二つとも消去。
そしてリンゴのヴォーカルを2通り録音してリダクションを行い、第7テイクを作成。
空いたトラックの片方にポールのベースを録音する。

1968年7月12日。アビイ・ロード第2スタジオ。
第7テイクに外部ミュージシャン、ジャック・ファロンによるバイオリン(フィドル)をオーバーダブ。
もうひとつのトラックに、リンゴのピアノとポールのギター(正直ギターは聞こえないんだが・・・)をオーバーダブ。

1968年7月22日。アビイ・ロード第1スタジオ。
この日は「グッド・ナイト」のオーケストラセッションだった。
この「ドント・パス・ミー・バイ」のためにマーティンがスコアを書いて、オーケストラのイントロが作られたが
これは最終リリースの際には使われる事がなかった。

その代わりに、イントロのピアノがこの日録音されている。(マスターとは別のテープ)。
45秒あったものが最終的には8秒に縮められている。

この曲はこれで完成に至る。が、ジョンとジョージは何をしてたんだろう・・・・・?

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. モノラル版はステレオ版に比べて、回転数が早められている。
    またエンディングのバイオリンのフレーズがどちらも全く異なっている。
  2. The Beatles Anthology 3」に、6月5日の段階の第5テイクが収録されている。
    これはポールのベースがオーバーダブされる前の物だと思うが・・ドラムがすでにオーバーダブされている。
    記録によるとこのボーカルは消されて、ポールのベースが2通り録音され、そして翌日に再びボーカルが2回録音された後でリダクションされて第7テイクになるはず。ドラムのオーバーダブは7月12日まで行われてないのだ。
    このバージョンはリリースされた物と違っているので、6月6日の物ではない。
    という事は、スレイベルとピアノをオーバーダブする段階でドラムもオーバーダブされたのだろうか?
    最終リリースバージョンではこのリズムトラックはステレオでは左側にゴチャッとミックスされている。
  3. The Beatles Anthology 3」に、この曲のイントロに使う予定で7月22日に録音されたオーケストラ小曲が「A Begining」として収録されている。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. リンゴの初オリジナルとなるこの曲だが、録音時は「Ringo's Tune」と呼ばれ、
    その次は「This is some Friendly」と呼ばれ、次にようやく「Don't Pass me by」となるんだが、
    実はこの曲はデビュー時ぐらいにはサビの部分は出来てたと思われる。
    というのも管理人は昔、BBCラジオセッションを集めた海賊盤「The Beatles at the BEEB」のアナログ盤BOXを所持していたのだが、その中の「アンド・アイ・ラブ・ハー」の前あたりにリンゴがインタビューを受けていて「曲を書いてるんだ」と発言していたのだ。その後ろでポールがはっきりと「Don't pass me by,Don't make me cry,Don't make me blue,'cause you know why...」と喋っている。
    なのに、なんで録音時にこんなに題名が変わったのかが不思議なのですよ。
  2. これもまた「ポール死亡説」ネタになっている。
    「I'm sorry that I doubted you I was so unfair . You were in a car crash And you lost your hair(疑って悪かったよ。自動車事故で髪の毛全部無くなったんだってね?)」 の部分。
    髪の毛が無くなるってのが英国ではなんや縁起悪いんだってさ。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表