ザ・ビートルズ楽曲データベース

We Can Work It Out

邦題
恋を抱きしめよう
作者
Lennon/McCartney(二人の共作)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / ジョン
使用楽器
  • Gibson J-160E (John)
  • Hofner Bass (Paul)
  • Ludwig (Ringo)
  • Tambourine (George)
  • Harmonium (John)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での11枚目のオリジナルシングル。カップリングは「デイ・トリッパー」。
ビートルズ初の両A面シングルにもなるこの曲は1965年12月3日に発売された。
6枚目のアルバム「ラバー・ソウル」と同時発売である。

各オリジナルアルバムには未収録のために、編集盤「パスト・マスターズ」に収録されている。

この曲は1965年10月20日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
アルバム「ラバー・ソウル」のレコーディング・セッション中である。
ジョン(ギター)、ポール(ベース)、ジョージ(タンバリン)、リンゴ(ドラム)の編成でリズムトラックを録音。
このリズムトラックは2テイクで終了し、つづけて第2テイクにジョンとポールがヴォーカルを録音。
そしてジョンがハーモニウムをオーバーダブしている。

そして1965年10月29日。アビイ・ロード第2スタジオで追加のボーカルをオーバーダブしてこの曲は完成した。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. 途中のワルツ風の3拍子はジョージのアイデアによるものである。
  2. 「ジョンがタンバリンでジョージがギター」という説もよく聴くが、ブートレッグに収録されたこの曲の録音の際の会話から、ジョンがギター、ジョージがタンバリンだと思われる。
    「We can work it out, We can work it out」の部分での16分音符を含めたカッティングはジョンならではのもので、少なくとも管理人はこの頃のジョージにこういうプレイが出来るとは思えないのである。(失礼!)
  3. カバーはスティービー・ワンダーやチャカ・カーンの物が有名である。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表