ザ・ビートルズ楽曲データベース

The Long And Winding Road

邦題
ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / -
使用楽器
  • Piano (Paul)
  • Fender Bass VI(John)
  • Fender Telecaster (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Hammond Organ (Billy Preston)
  • Orchestra , Female Cholus

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの12枚目の英国オリジナルアルバム、そしてラストアルバムとなった「レット・イット・ビー」の10曲目に収められているナンバー。
1970年5月8日に発売されているこのアルバムだが、録音は前アルバム「アビイ・ロード」より前に行われている。
作者のポールがリード・ヴォーカルを取っている。

この曲が録音開始されたのは1969年1月26日。サヴィル・ロウのアップルスタジオ。
この日のテイクは後に「The Beatles Anthology 3」に収められた。

1969年1月30日にビートルズはアップルビルの屋上でコンサート、および録音を行ったのだが、
その翌日である1969年1月31日にはアップルスタジオで「屋外向きでない曲(静かな曲)」のセッションを行った。
その際にこの曲が7テイク(テイク番号は13~19)録音されている。
未発表アルバム「ゲット・バック」にはこのセッションから第19テイクが使用された、と書かれているが・・・

1970年4月1日。ビートルズ名義で行われた最後の録音セッション。
この日はリンゴだけが参加してドラムを叩き、女声コーラス14名+オーケストラ36名のオーバーダブが行われた。
このバージョンがアルバム「レット・イット・ビー」に収録されたのである。

About from "Get Back" to "Let it be" ~アルバム発売までの経緯

1968年10月に「ザ・ビートルズ」 (通称:ホワイト・アルバム)のセッションが終了。
マネージャーだったブライアン・エプスタインの死後、船頭を失ったビートルズはアップルの設立など、
半ば無茶とも思える試みを行ってきた。
華々しく見えたビートルズの前途であったが、内部はすでにバラバラの状態だったのである。

当時グループを引っ張る立場であったポールはある提案をする。
混沌とする活動状況を打破する為に、ポールが打ち出したのは「原点に帰る」というコンセプトだった。
デビュー時の様にオーバーダブなしのライブでアルバムを制作しコンサートツアーを行う、という企画である。
しかし、アルバム制作は了承したものの、他の3人(特にジョージ)はツアーには難色を示す。
妥協案として1度だけのコンサートも企画されたが、これも結局流れてしまった。

最終的にリハーサルなどを含むドキュメンタリーを制作しテレビで放送する、という事で合意した4人は
1969年1月2日にトゥイッケナム・フィルム・スタジオに姿を現し、リハーサルと撮影、録音を開始する。
「ゲット・バック(原点に帰る)・セッション」の始まりである。

しかし、いつも撮影されているというプレッシャー、そして薄ら寒いだけの撮影スタジオという慣れぬ環境。
張り切るポールはあれやこれやとジョージに指示、ジョージはそれに反発して口論となり
5ヶ月前にリンゴがしたように、1月10日にスタジオを飛び出してしまう。
数日後にジョージは復帰するが、テレビショウに関しては意見を曲げず、結局この企画は流れてしまう。

ビートルズは結局、トゥイッケナム・フィルム・スタジオでのリハーサルを中止し、
自らが作ったアップル・スタジオに移動して、1969年1月22日からセッションを再開。
ジョージはこの日たまたまアップルに居合わせたキーボード奏者、ビリー・プレストンをセッションに誘う。
外面の良いジョンとポールに対して、外部の人間を引き入れるのは効果的だった。

映像撮影、そして「オーバーダブをやらない」というコンセプトのアルバム制作は続行されるものの
1969年1月30日のアップルビル屋上での「ルーフ・トップ」コンサート、そして翌日のスタジオセッションをもってセッションを中断。
総時間、90時間以上の撮影・録音テープを残したまま、ビートルズはアップルスタジオを去った。

2月22日には「アビイ・ロード」に収録される「アイ・ウォント・ユー」の録音をトライデントスタジオで開始。
そして3月の初旬、ジョンとポールはグリン・ジョーンズに1月のセッションテープからアルバムを作る事を依頼する。
4月11日にこのセッションからのシングル「ゲット・バック / ドント・レット・ミー・ダウン」がまず発売された。
4月14日にはジョンとポールが二人で「ジョンとヨーコのバラード」を録音。これは5月30日に発売された。

そして5月28日。グリン・ジョーンズはアルバム「ゲット・バック」を完成させる。
このアルバムのためのフォトセッションも行われた。
デビューアルバムと同じ場所、同じ構図での写真撮影はこの時のメンバーの意気込みを感じさせたが
このアルバムは発売延期の声明が出された。
しかし後に、北米のラジオ局用に作ったサンプル盤からこのアルバムの海賊盤が作成される事になる。

Album[GetBack]
現在出回っている海賊盤「ゲット・バック」のジャケット
この写真は後にベスト盤「ザ・ビートルズ 1967年-1970年(通称:青盤)」に使用された。

この後7月からはアルバム「アビイ・ロード」のセッションが本格化。
そして9月26日にアルバム「アビイ・ロード」が発売。
アルバム「ゲット・バック」の事は誰もが忘れかけていたが、1月の撮影フィルムを映画にする事だけは決まっていた。

年が明けて1970年1月3日。
あの悪夢のトゥイッケナムからちょうど1年後のこの日、ビートルズ(ジョンを除く)はアビイ・ロードに集まる。
正式な録音がされていなかった「アイ・ミー・マイン」の録音のためである。
これは映画との整合性を図るために追加で行われたセッションだった。。
そして1月4日のセッションがビートルズとしての最後の録音セッションとなった。

未だに「延期」としてアナウンスされているアルバム「ゲット・バック」は
1月5日に収録曲を入れ替えて再度グリン・ジョーンズによって制作される。
3月6日にはラスト・シングルとなった「レット・イット・ビー」が発売されるが、アルバム「ゲット・バック」は結局発売されなかった。

1月27日。
アビイ・ロードスタジオでジョンは自己のソロ名義であるプラスティック・オノ・バンドの3枚目のシングルである「インスタント・カーマ」を録音開始。
このレコーディングのプロデュースは、名プロデューサーであるフィル・スペクターであった。
ジョージもギターでこのレコーディングに参加。二人はフィルの仕事ぶりに大変感銘を受ける。

そしてジョンとジョージは「ゲット・バック(になるはずだった)」のマスターテープをフィル・スペクターに託す。
俺達と仕事がしたけりゃこの膨大なクズテープをアルバムに仕上げてくれ。
フィル・スペクターは自分の持ち味であるオーケストラと女声コーラスなどを加えた「ウォール・オブ・サウンド」で処理を行い、アルバム「レット・イット・ビー」として制作が開始される。

ポールはこの決定を聞かされておらず、自分の楽曲に過剰なアレンジをされた事に激怒した。
そして4月10日。デイリー・ミラー紙がポールのインタビューをスッパ抜く。
今後ビートルズのメンバーと作曲することはない」(ソロアルバム「マッカートニー」の販促物より)
4月17日にこのソロアルバム「マッカートニー」は発売され、ジョンは「脱退宣言を(自分のアルバムの)宣伝に使った。」としてポールを激しく批難した。

もはやこの時点でビートルズとしての活動は望むべくもなかった。

ラストアルバムとなった「レット・イット・ビー」は1970年5月8日に発売された。
ここに4人の伝説は幕を閉じたのである。

撮影されたフィルムは映画「レット・イット・ビー」として1970年5月20日に公開された。
バラバラになりつつある4人の姿がこの映画にはありありと映し出されている。

その後、ゲット・バック・セッションの膨大なテープは流出し大量の海賊盤を生み出す事となった。

2003年にはリミックスアルバム「レット・イット・ビー...ネイキッド 」が発売された。
これは「当初出すつもりだったオーバーダブなどを含まないアルバム」としてのコンセプトに乗っ取り、現在のアビイ・ロード・スタジオのエンジニアが、当時のマスターテープから改めてリミックスしたものである。
ジョージ・マーティンやビートルズのメンバーはこのアルバムの制作には一切関わっていない。
たまに「レット・イット・ビー」のアルバムから音を取り除いた、と表現される事があるが間違いである。
実際に異なるテイクを繋ぎ合わせたりの処理が行われているし、アルバム「レット・イット・ビー」に使用されたテイクとは明らかに違う曲もある。

またこの「ネイキッド」は当時制作されたアルバム「ゲット・バック」とは全く違うものである事も表記しておく。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Anthology 3」に、1969年1月26日のテイクが収録されている。
    これはフィル・スペクターによるオーケストラがオーバーダブされる前のシンプルな演奏である。
    が、ライナーに書かれている「アルバム『レット・イット・ビー』と同じもの」という記述と、マーク・ルウィソーンの「ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ完全版」の記述に矛盾が生じている。
    確かに「レット・イット・ビー」収録のポールのヴォーカルトラックはこの1月26日のテイクと同じである。
    しかし、このアンソロジーに収録されたバージョンは未発表アルバム「ゲット・バック」に収められた物と全く同じであり、「ビートルズ・レコーディング・セッション」の「『ゲット・バック』には1月31日のバージョンが収められた」という記述とも違うし、「フィル・スペクターは1月31日のテイクにオーケストラを重ねた」とも書いてある。
    もしアンソロジーのライナーが正しければ、リリースされたものは1月26日のテイク以外は一切使用していない、という事になるので、どっちが正しいのかをぜひ知りたい所である。
  2. レット・イット・ビー...ネイキッド 」には1月31日のテイクが使用されている。
    間奏がビリー・プレストンによるハモンドオルガンになっている。ポールの歌詞も一部違う。
    なお、映画「レット・イット・ビー」で見られる演奏シーンは1月31日のものである。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. もともと「オーバーダブをしない」というコンセプトで始まったこのアルバムのセッションだが、いつの間にかオーケストラと女声コーラスをダビングされたポールはかなり激怒したらしい。
  2. 1984年の映画「ヤァ!ブロードストリート」でポールは6曲のビートルズナンバーを(スタジオ作品としては)初リメイクしているが、この曲も取り上げられている。
    メロウなサックスで始まるなんともAORなアレンジがなんともいい感じである。
    ちなみに管理人は一番最初にこの曲を聴いたのがこのバージョンであった。
    だからこのオーケストラバリバリの「レット・イット・ビー」バージョンを聞いたときは目が点になったもんである。
    なお、ポールは1990年にも「フラワーズ・イン・ザ・ダート」のボーナスCDにも、この曲のリメイクバージョンを収録している。
  3. 後年、ポールはなにかの授賞式でスペクターに対してのコメントを求められた時に
    オーケストラと女声コーラスをダビングされる前に家に帰るよ」と皮肉たっぷりのコメントをしたとか。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表