ザ・ビートルズ楽曲データベース

I'll Get You

邦題
アイル・ゲット・ユー
作者
Lennon/McCartney(二人の共作)
リードヴォーカル / コーラス
ポール、ジョン / ジョージ
使用楽器
  • Harmonica (John)
  • Hofner Bass (Paul)
  • Rickenbacker 425 (George)
  • Premier (Ringo)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での4枚目のオリジナルシングル「シー・ラヴス・ユー」のカップリング曲である。
このシングルは英国では1963年8月23日に発売された。
全編、ジョンとポールのデュエットで歌われており、サビの部分でジョージがハーモニーを加えている。

各オリジナルアルバムには未収録のために、編集盤「パスト・マスターズ」に収録されている。

この曲は「シー・ラヴス・ユー」と同じ日の1963年7月1日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音された。
仮の曲名は「Get You in The End」。

細かいテイクの記録は残っていないが、両曲ともこの日に録音は完了し、
1963年7月4日にモノミキシングされた。

このレコーディングから2週間後にセカンドアルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ」のセッションが開始。
最初に録音されたのは「ユー・リアリー・ゴット・ア・ホールド・オン・ミー」である。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. この曲に関してはオリジナルのマルチトラックテープがモノミキシングの後に処分された為に、リアル・ステレオバージョンは存在しない。
  2. The Beatles Anthology 1」に、ビートルズが1963年10月13日のロンドン・パラディアムでのライブテイクっが収録されている。これはイギリスの人気テレビ番組「バル・パーネルズ・サンデイ・ナイト・アット・ザ・ロンドン・パラディアム」に出演した時の物。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. イギリスでは1978年に発売されたビートルズのボックスセット「ビートルズ・コレクション」に収められるまではアルバムに未収録のままだった。このボックスセットに付いていた未収録曲ばかりを収めたアルバムは「レアリティーズ」といい、後に単品でも発売されている。
  2. 後の「ゲット・バック・セッション」でも思い出したようにこの曲を演奏している。(とは言ってもほんの一瞬だけど)
  3. ポールは2005年のライブDVD「The Space within us」でこの曲を取り上げて演奏している。この曲が始まった時の観客は「ええええええ、まさかこの曲を!」みたいな反応でおもしろい。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表