ザ・ビートルズ楽曲データベース

Long Tall Sally

邦題
ロング・トール・サリー
作者
Enotris Johnson, Robert Blackwell, Richard Penniman(リトル・リチャード、ロバート・ブラックウェル、エノトリス・ジョンスン)
リードヴォーカル / コーラス
ポール / -
使用楽器
  • Rickenbacker 325 (John)
  • Hofner Bass (Paul)
  • Gretch Duo Jet (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • George Martin (Piano)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズが1964年6月19日にリリースしたオリジナルEP(4曲入り)の「ロング・トール・サリー」に収録されていた曲。
オリジナルは「トゥッティ・フルッティ」「ルシール」「ジェニ・ジェニ」などのヒットを持つリトル・リチャードが1956年にリリースしたシングル曲である。
ポールがリード・ヴォーカルを取っている。

各オリジナルアルバムには未収録のために、編集盤「パスト・マスターズ」に収録されている。

この曲が録音されたのは1964年3月1日。アビイ・ロード第2スタジオ。
3枚目のアルバムでもあり、初主演映画のサウンドトラックアルバムでもある「ア・ハード・デイズ・ナイト」のセッション中だったビートルズは、「すてきなダンス」の録音終了後にこの曲を録音した。

ピアノにジョージ・マーティンを加えた5人は、この曲を1テイクで録音。
この日、この曲は我々が常に聴いているものしか演奏されていない。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Anthology 1」に1964年4月19日、ロンドンIBCスタジオで収録されたバージョンが収められている。これはテレビ番組「アラウンド・ザ・ビートルズ」のためのセッション。
    イントロにキー出しの意味もこめたGコードの3発のカッティングが入る。
  2. The Beatles Live at BBC」にはBBCセッションでの演奏が収められている。
    スタジオでのバージョンに比べてリンゴのドラムがかなり大人しく、最後のリフレイン部分でのドラム乱れ打ちもない。
  3. 2016年9月9日発売の「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル 」(アナログのみで発売されていた公式ライブ盤「ザ・ビートルズ・スーパー・ライブ!」のCD化)にこの曲のライブバージョンが収録されている。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ギターソロが2回出てくるこの曲は1回目がジョン、そして2回目がジョージという話をよく聞くが確かに1回目のソロの和音でのアプローチはジョンのプレイっぽい。「ユー・キャント・ドゥ・ザット」と同じ感じのアプローチである。
    そして色々と残されているライブ映像でも1回目のソロはジョンが弾いていたりもする。
    しかし、ヘッドホンで聴いてみるとステレオバージョンではどっちも左側のギターでギターソロが弾かれている。わざわざ1テイクの2本しか入ってないギターをソロの度に左右入れ替えるか?とか思うのである。
    しかし、1回目のギターソロの部分って右側にギターが2本聞こえる気がするんだよなあ。
    低音弦と同時に高音弦のリフが聞こえるが、がんばれば確かに1本でも弾けそうではある。かなり難しいが。
    ソロの音色も1回目と2回目とは違うし、もしかしたらオーバーダブしてるのかも知れませんね。
  2. この曲はビートルズのライブにおいてセットリストのラストを飾ることが多かった。
    非常にこの曲によく似た「アイム・ダウン」が出来てからは「アイム・ダウン」がラストを飾ることとなった。
  3. ビートルズ来日公演の際の6/30夜、7/1昼公演で前座を務めたザ・ドリフターズが演奏したのもこの曲であった。
    その際のリード・ヴォーカルは仲本工事である。
    しかし、ドリフターズの演奏はTVCM中だったために放送はされなかったそうである。
  4. リトル・リチャードのオリジナルの邦題は「のっぽのサリー」である。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表