ザ・ビートルズ楽曲データベース

All Together Now

邦題
オール・トゥゲザー・ナウ
作者
Lennon/McCartney(ポールの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ポール、ジョン / ジョージ
使用楽器
  • Harmonica (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Martin D-28 (Paul)
  • Ludwig (Ringo)
  • Banjo (John)
  • Tambourine
  • Maracas
  • Triangle(George)
  • Hand Clap
  • Horn (George)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの本国10枚目のオリジナルアルバムでもあり、アニメ映画「イエロー・サブマリン」のサウンドトラックアルバムにもなった「イエロー・サブマリン」の3曲目に収録されているナンバー。
作者のポールがリードボーカルを取っているが一部ジョンがリードを取っている。
コーラスはその場にいた全員によるもの。
日本で言えば「みんなのうた」とかで流れそうな曲調である。

1999年にはビートルズ初のリミックス・アルバム「イエロー・サブマリン~ソングトラック~」が発売されたが、そこにもリミックスバージョンが収録されている。

この11枚目のアルバム「イエロー・サブマリン」は1969年1月17日に発売されているが、
映画はそれより7ヶ月前の1968年6月6日に公開されていた。
もともとこの映画のプロジェクトは、
アルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」や「マジカル・ミステリー・ツアー」とほぼ同時進行で進行しており、当初ビートルズはこのアニメ映画自体にあまり乗り気ではなかったのである。

だから「サージェント」制作時などは、「出来の悪い曲はアニメ行き」という冗談を飛ばしながら作業をしていたそうだ。
実質、このアニメの為に書かれた曲は数曲であり、過去のシングル、未発表曲などを映画に提出している。
映画公開から7ヶ月遅れたこのアルバムは、片面にビートルズ6曲(その内新曲は4曲)、片面にジョージ・マーティンによる映画用のオーケストラナンバーが収録されている。

「マジカル」制作中にブライアン・エプスタインが死亡。さまざまなビジネスの混乱が降りかかるようになった。
そして1968年3月にインドへ修行へ行き、曲をたくさん書きためて5月に帰ってきたビートルズは早くレコーディングに入りたくて、1968年6月に公開されるこの映画のサウンドトラックなど眼中に入らなかったのである。
結果的にこの5月末から10月まで「ホワイト・アルバム」のセッションが行われ、ビートルズ(アップルとも言える)はこちらのアルバムを優先して、サウンドトラックの発売は後回しにされた。
そしてこのアルバムが発売された1969年の1月、ビートルズは運命の「ゲット・バック・セッション」に突入していく。

この曲が録音されたのは「マジカル・ミステリー・ツアー」制作中の1967年5月12日。
アビイ・ロード第2スタジオにて。
9テイク録音した後の、第9テイクにパーカッションやコーラス、ベース、ホルンなどを重ねて完成にいたる。
この曲は1日でミックスダウンまで終了している。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. アニメ映画のラストでは「All Together Now」の各国語が色々表示されるが、日本語は最後に登場して、しかも手書きである。書かれてあるのは「それでは皆さん御一緒に」。浜村淳ですかwww

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表