ザ・ビートルズ楽曲データベース

A Day In the Life

邦題
ア・デイ・イン・ザ・ライフ
作者
Lennon/McCartney(二人の共作)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン、ポール / -
使用楽器
  • Gibson J-160E(John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Gibson J-160E (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Maracas (George)
  • Harmonium(George Martin)
  • Piano
  • Orchestra

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での8枚目にあたるオリジナルアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の13曲目に収録されたナンバー。1番と3番をジョンが、2番の部分をポールがそれぞれ別の曲として書いていたのを結合した曲でそれぞれの部分でリードヴォーカルを取っている。

前曲の「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (リプライズ)」がこのアルバムの「エンディング・ナンバー」として歌われた後のこの曲は実質「アンコール・ナンバー」としての位置づけになっている。

1966年、ビートルズには様々な変化があった。
前アルバム「リボルバー 」のレコーディング・セッション終了後、ツアーに出たビートルズは1966年8月29日のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パークのステージを最後に一切のコンサート活動を停止する。
行く先々でのビートルマニアの熱狂、楽曲の再現の難しさ、そしてあちこちでのトラブルにメンバーは疲れ切っていた。この無意味とも思えるコンサート活動を停止すれば、レコーディングに専念できると考えたのだ。

デビュー以来、守り続けてきた「1年に2枚」のアルバム制作もこの年は初めて守られなかった。
その代わりに、クリスマスシーズン用に初のベストアルバム「オールディーズ」を発売。(未CD化)
11月24日からシングル「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の録音を皮切りに、「もうステージはやらない」と宣言したビートルズは「架空のバンドがショーをする」というコンセプトアルバムの制作を開始したのである。

この曲は1967年1月19日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音が開始された。
第1テイクの布陣は、ピアノ(ポール)、ギター(ジョン)、ドラム(リンゴ)、マラカス(ジョージ?)のみで録音。
トラック1に楽器、トラック4に大量のエコーをかけたジョンのボーカルが入ってるだけだった。
中間部分の空白をどうするかを決めてなかったが、小節数をはっきりさせるためにマル・エヴァンスに1から24までカウントさせて、最後の部分に目覚まし時計を鳴らす事にした。(偶然、この部分が後で生かされることになる)
このカウントにも徐々にエコー処理が深くなるようにした。
この日の第4テイクには空きトラックにジョンがそれぞれボーカルを録音。
この段階で、1トラックの演奏以外は全てエコー処理したジョンのボーカルという状態になっている。

翌日の1967年1月20日。第4テイクをリダクションしてそれぞれ設定の違う第5~7テイクを作成。
この中で第6テイクがベストと判断されて、それにジョンのボーカルとポールのベース、
そしてリンゴのドラムをオーバーダブする。
ポールのボーカル部分も録音されたが、歌い出しの「Woke up,fell out of bed」には中間部分の目覚まし時計の音がしっくりきたので、この目覚まし時計の音はそのまま残すことにした。

1967年2月10日。アビイ・ロード第1スタジオ。
この日はまさにビートルズの歴史で忘れられないセッションになる。
ポールの提案で、24小節の中間部分の空白を
90人のオーケストラにそれぞれの一番低い音から最高音まで出してもらおう」という事になった。
もちろんこの為のスコアを書いたのはジョージ・マーティンである。

それぞれこの小節の間で最低音から最高音まで滑らかに上がって下さい。他人と同じ音を出さずに。
40人のオーケストラの前でこの説明をしたのだが、ずっとクラシックをやってきたオーケストラ団員は
「(´・ω・`)モキュ? ( ゚д゚)ポカーン (゚Д゚) ハア?? 」という状態だったという。
一番下の音から一番上の音まで上げるだけでギャラが貰える、という事実に目が点になるだけだった。

この日のセッションの前に、ジョージ・マーティンはエンジニアのケン・タウンゼントに
4トラックのレコーダーを2台同時に同期させる事は可能か?」という打診をしている。
ケンは片方のレコーダーから信号を取り出して、もう片方のレコーダーに直に配線を繋ぐことでこれをクリア。
これでビートルズの4トラックマスターを聞きながら、4トラックのオーケストラの録音が可能になった。
オーケストラ人数は、ポールが望んだ90人の半分以下の40人だったが、
この録音を4トラック全てで4回行ったために160名以上のサウンドになったのである。
セッション中には期せずして巻き起こった拍手喝采の音も録音されている。
この時点で第6テイクをリダクションして第7テイクを作成した。

技術面だけでなく、この日は「正装してレコーディングに来てくれ」という通達も出ていた。
夜会服でこのスタジオに集まった人達は、その上に変なメガネや変な帽子をハゲヅラなどを被らされ
また招待されたビートルズの友人(ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、マリアンヌ・フェイスフル等)も仮装させられて、スタジオの中にはふわふわとシャボン玉まで飛んでいる有様。
この様子は映像「アンソロジー」にも収録されている。

オーケストラが帰った後に、ビートルズと友人達はピアノの周りに集まって
最後のコーダ部分をハミングで録音することを試みた。
これは編集用テイクとして第8~第11テイクまで録音されたが、後日あの「ピアノ・コード」が録音されたためにボツ。

そして1967年2月22日。
最後のハミング部分を長い「ピアノ・コード」に変えようと言う事で、ジョン、ポール、リンゴ、マル・エヴァンスが
それぞれ3台のピアノに陣取り、同時に「バーーーーン」と鍵盤を叩くというセッションが行われる。

まず4人が完全に同時に出るのも難しいが、ずっと持続させるのも難しく
ジェフ・エメリックはコンプレッサーをキツくかけて、フェーダーを徐々に上げていくという方法をとった。
全部でこの「バーン」は9テイク録音されて、ベストと判断された第9テイクに、ジョージ・マーティンのハーモニウムを加えたオーバーダブを3回繰り返して4トラック全てを埋めた。
リリースされた音源をヘッドホンで聞くと、50秒ほどの間にイスのきしみ音や紙がこすれる音などが聞こえる。

1967年3月1日になぜか第6テイク(過去テイク)にピアノがオーバーダビングされたがこれは未使用。

そしてもうアルバム完成間近の1967年4月21日。
アナログ・レコードの最終部分になにか入れとけば、手動式のプレーヤーの人は針を戻すまでにずっと何かを聞き続ける事になるのでは?」というアイデアが出され、ビートルズは適当なおしゃべりを加工した2秒ほどのサウンド・エフェクトを作った。
そしてジョンは「犬のためにもなにかサウンドを入れよう!」と言い出して、人間の耳には聞こえづらい高周波のパルス音をこのサウンドエフェクトの直前に挿入した。
この部分はアメリカ盤「サージェント」には収録されなかったので、後年「レアリティーズVol.2」にこの部分が収録されるときに「Sgt. Pepper Inner Groove」と名付けられた。
CD化の際は何度か繰り返してフェイドアウトという処理がされている。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. ベストアルバム「The Beatles / 1967-1970」に収録される際に、前曲とのつなぎ目部分の観衆の声がカットされて、アコースティック・ギターのイントロから始まる様に修正されている。
  2. The Beatles Anthology 2」に1967年1月19日時点のテイク2に1月20日の中間部分を足したものが収録されている。最後にはオーケストラのみになり、エンディングはポールが誰かに指示を出しているおしゃべりで終わる。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ジョンはこの曲を新聞記事(デイリーメール紙)からインスピレーションを受けて書いた。タラ・ブラウン(彼はビートルズと友人関係)の死亡記事と、ランカシャー州ブラックバーンの通りに空いた4,000の穴を舗装し直すという記事である。
    「イギリス軍がどうやって戦争に勝ったか?」という部分はジョンが出演した映画、「僕の戦争 How I Won the War」の事だと言われている。
  2. ポールは中間部分を書いたが、学生時代の情景をそのまま歌ったものらしい。あと、サビの「I'd love to turn you on,」もポールによって考え出された。ドラッグ文化の象徴であるこの「Turn you on」という言葉を歌詞で使う事にジョンとポールは顔を見合わせて、無言でうなずいたそうだ。
    しかしこの歌詞のために「ドラッグソング」と疑われてBBCでは放送禁止になってしまった。
  3. カバーバージョンはなぜかインスト曲が多い。ジャズギターの大御所、ウェス・モンゴメリーやジェフ・ベックによってカバーされた物が有名である。そしてポールは2008年、ジョンの「平和を我らに」とメドレーでこの曲をライブ演奏した。キーボードのウィックによって作られたであろう途中のオーケストラ部分に、テクノロジーの恐ろしさを感じたものである。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表