ザ・ビートルズ楽曲データベース

Doctor Robert

邦題
ドクター・ロバート
作者
Lennon/McCartney(ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / ポール、ジョージ
使用楽器
  • Epiphone Casino (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Gibson SG (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Harmonium (John)
  • Maracas (George)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での7枚目にあたるオリジナルアルバム「リボルバー 」の11曲目に収録されたアップテンポのロックナンバー。作者のジョンがリード・ヴォーカルをとり、ポールとジョージがコーラス。

前アルバム「ラバー・ソウル」のレコーディング・セッションから半年の充電期間を経て開始されたこのアルバムのセッションは、さまざまな実験が盛り込まれて進行した。そのおかげなのか、このアルバムの収録曲がライブで演奏されることはなかった。もはやビートルズの録音物は当時の機材、そして4人という人数で再現は難しくなっていたのだ。

この曲は1966年4月17日、アビイ・ロード第2スタジオにて録音が開始された。
全部で7テイク録音されて、その中の第7テイクがベストと判断された。
それにジョンの弾くハーモニウム、ジョージのマラカスがオーバーダブされる。

そして1966年4月19日にヴォーカルのオーバーダブを行って、完成に至った。
この時期の楽曲にしてはシンプルかつ簡潔な演奏の曲である。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲はビートルズが初めてドラッグについてはっきりと歌った楽曲である。
    ドクター・ロバートは実在する人物で、ニューヨークを拠点にアンフェタミンやLSDなどを調達していて、アンディ・ウォーホールなどのアーティストには著名な存在だった。本名をロバート・フライマンという。
    ビートルズのメンバーは直接の面識はなかったそうだ。
    そのロバートはこの曲のリリース後(それが原因かどうかは不明だが)1967年に医師免許を剥奪され、1975年にニューヨーク医師会を追放され、そして1987年に死去している。
  2. フェイドアウトに聞こえるが、実はきっちりとエンディングまで演奏されている。
    ・・・・・とあちこちに書いてあるけどこれはどうなのかな。あんまりそうは聞こえないのです。

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表