ザ・ビートルズ楽曲データベース

Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey

邦題
エブリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
作者
Lennon/McCartney(ジョンの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョン / -
使用楽器
  • Epiphone Casino (John)
  • Rickenbacker 4001 (Paul)
  • Gibson SG (George)
  • Fender Stratocaster (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Hand Bell
  • handclaps
  • Chocalho

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの本国9枚目のオリジナルアルバム、そして唯一の2枚組アルバムの「ザ・ビートルズ」 (通称:ホワイト・アルバム)のDisc2、4曲目に収められたナンバー。作者のジョンがリード・ヴォーカルをとっている。

1968年、ビートルズはシングル「レディ・マドンナ」を録音し終えた後、2月15日から3月の末までにインドに滞在した。
マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの元で瞑想修行をするためである。
このインド滞在中にかなりの曲を書きためたビートルズは4月に帰国後、5月30日の「レボリューション1」を始めにこのアルバムのセッションを開始した。
最終的に曲は32曲録音されたが、ジョージ・マーティンは「クォリティを高めるために1枚に絞り込むべきだ」と主張。
ビートルズ側はこれを聞き入れずに最終的に30曲入りの2枚組として発売したのである。

各自の音楽家としての成長、それと共に育つエゴとプライド。
そしてセッション途中からの8トラックレコーディングの導入が、それぞれの個人作業を容易にしてしまった。
5月14日にはビートルズ自身のレコード会社「アップル」設立を発表。
ブライアン・エプスタイン不在の中、ビートルズはまったく未経験のビジネスに身を投じストレスを溜め込み始める。
お互いがお互いを助け合っていた4人のバランスが、このセッションより微妙に狂い始めたのだった。

この曲が録音開始されたのは1968年6月27日。アビイ・ロード第2スタジオ。
前日の6月26日にこの曲のリハーサルを済ませていたビートルズは
まだ曲名もついていないこの曲を6テイク録音。第6テイクをリダクション(ピンポン)して第7、8テイクを作成。
そしてその第8テイクにハンドベルやチョカルホなどをオーバーダブする。

1968年7月1日。アビイ・ロード第2スタジオ。
この日はポールのベースのオーバーダビングしてリダクション。第9、第10テイクを作成。
そして第10テイクにジョンのヴォーカルをオーバーダブ。
この時点でようやく曲名が決まった。

1968年7月23日。アビイ・ロード第2スタジオ。
完成したと思われていたこの曲を再び取り上げたビートルズは、まずジョンのボーカルを再録音。
そして3度目のリダクションを行い、第11、第12テイクを作成。
その第12テイクに手拍子とバック・コーラス(完成版では聞こえないが・・・)をオーバーダブしてこの曲は完成した。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

特になし

An anecdote ~ こぼれ話

  1. ビートルズの曲では一番長い曲名になったこの曲は、ジョンが自分とオノ・ヨーコの事を歌ったもので、「自分とオレの猿(日本人?って事か?)以外はみんな何か隠してやがるぜ」という意味である。
    うーん、というかこの時期あたりからジョンはヨーコさん一辺倒だからなあ。ポールは別の意味で周りが見えてない気もするし、これも若さ、なのかねえ。
    もともとはマハリシが発した言葉からインスパイアされて作られたそうである。

Youtube

参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表