ザ・ビートルズ楽曲データベース

Old Brown Shoe

邦題
オールド・ブラウン・シュー
作者
Harrison(ジョージの作品)
リードヴォーカル / コーラス
ジョージ / ジョン、ポール
使用楽器
  • Gibson J-200 (George)
  • Höfner Bass (Paul)
  • Fender Teleaster (George)
  • Gibson Les Paul (George)
  • Ludwig (Ringo)
  • Piano (Paul)
  • Hammond Organ (John)

Recording Data ~レコーディング・データ

ビートルズの英国での20枚目のオリジナルシングルである「ジョンとヨーコのバラード」のカップリング曲である。
この曲はイギリスでは1969年5月30日に発売された。
まだ前シングル曲「ゲット・バック」のリリースから一ヶ月半しか経っておらず、
しかも「ゲット・バック」はいまだにチャート1位だった時期である。
作者のジョージがリード・ヴォーカルを取り、ジョンとポールがコーラスを付けている。

各オリジナルアルバムには未収録のために、編集盤「パスト・マスターズ」に収録されている。

この曲が取り上げられたのは、正式なアルバムセッション開始より前の1969年2月25日。
この日、ジョージはアビイ・ロードスタジオに一人で出向き、
この曲と「サムシング」「オール・シングス・マスト・パス」のデモテープを一人で録音している。
ちなみにこの日はジョージの26歳の誕生日であった。

1969年4月16日。アビイ・ロード第3スタジオ。
ジョン(ギター)、ポール(ピアノ)、ジョージ(ギター)、リンゴ(ドラム)のラインナップで
4テイクのリズムトラックを録音。
第4テイクをベストとして、ポールのベース、そしてジョージのリードギター、ジョンとポールのコーラス、ジョージのリード・ヴォーカルをオーバーダブ。
ジョージは自然な残響音を得る目的で、マイクから離れてスタジオの隅で歌ったそうである。

一旦、これでステレオミックスまで作られたがこれは破棄される。

1969年4月18日。アビイ・ロード第3スタジオ。
ジョンは自分のギターを消去してから、ハモンドオルガンをオーバーダブ。
そしてジョージはレズリー・スピーカーに通したリードギターを新たにオーバーダブする。

この日の内にステレオミックスが作られてこの曲は完成に至った。
モノラルミックスは作られていない。

Out Takes ~ミックス、テイク違い&リマスター

  1. The Beatles Anthology 3」に、1969年2月25日のデモテープが収録されている。
    ジョージがピアノで弾き語りしたものにエレキギターを2回オーバーダブしたものである。
    この時点で曲の全体像は完全に出来ていると言っても過言ではない。

An anecdote ~ こぼれ話

  1. この曲で思い出されるのはやはり1991年のジョージの来日公演ではないだろうか。
    1曲目の「アイ・ウォント・トゥ・テル・ユー」でも度肝を抜かれたが、続いてこの曲が演奏された時には
    思わず脱糞しそうになってしまいましたw
    いや、だってまさかこの2曲がオープニングに来るなんて思わないじゃないですか。
    今でも強烈に思い出す映像です。

Youtube


参考文献

Amazon Shop Link

ビートルズ公式録音曲213曲を徹底的に解説!テイク違いやミックス違い、そして2009年リマスターについてを動画等を交えて書き連ねています。

△ページ最上部へ移動

ザ・ビートルズ曲雑記ブログ レコーディング年表(1962-1970) ステレオ・モノラルその他テイク違い一覧表 イギリス本国でのシングルレコード一覧表